日本からカンボジアに移り住むと、生活様式・環境・文化・人間関係など日常生活で様々な違いを経験されている方も多いと思います。

このような状況下では毎日の健康管理が最優先だと思いますが、
ご自身のお肌のメンテナンスは大丈夫でしょうか?

乾季のカンボジアでは思っている以上にお肌に負担がかかっています。

クリニックで患者さんの診察をしていると、お肌の悩みで多いのが、「ニキビ(吹き出物)」「湿疹」「シミ」「しわ」「くすみ」などで、カンボジアに来てから肌トラブルを抱える方も多い印象です。お肌のアンチエイジング・肌質改善に王道はありませんが、日々のスキンケアを見直してみるのもいいかもしれません。単に美容クリームを塗り込むだけがスキンケアではなく、適切なケアの習慣化が最も大切です。


お肌のメンテナンスでは、「肌のバリア機能」を維持することがポイントです。

バリア機能が低下すると、十分な水分を肌に保てず乾燥し、さらに外界からの刺激を受けやすくなります。肌が乾燥することで小じわ・くすみの原因となり、肌が過度に刺激されるとアレルギー性皮膚炎・シミなどの原因となります。
肌のバリア機能が低下する要因には内的要因と外的要因があり、これらの悪化因子を1つずつ解決していくことがスキンケアの目標となります。内的要因としてはストレス・睡眠不足・栄養バランス・運動不足・喫煙などで、外的要因としては紫外線・乾燥・空気中の微粒子汚れなどが挙げられます。


カンボジアで特に気をつけたいのが外的要因への対策です。

紫外線によるダメージは皮膚の炎症を引き起こし、反応性に角質が肥厚します。余分な角質が積み重なると、新しい肌がなかなか表面に出てこられず、ターンオーバーの周期が乱れ、さらに乾燥が進んでしまいます。また、ターンオーバーが滞り、毛穴周辺の角質が厚くなって毛穴が塞がれると、ニキビが生じてしまいます。さらに、汚染した空気や紫外線に肌がさらされ続けると、肌を守るために活性酸素が過剰に発生して酸化による肌ダメージが起こりやすくなります。

カンボジアで生活していると、肌のベタベタ汚れが気になって1日に何度も洗顔したくなりますが、強い洗浄剤で肌をゴシゴシ擦ると角質が摩耗し、肌のバリア機能が低下してしまいます。そして洗顔後は一時的にスッキリしますが、逆に皮脂が過剰に分泌してしまうため、皮脂を好む常在菌が増殖し、脂漏性皮膚炎やニキビなどの肌トラブルが生じやすくなります。一方で皮脂の分泌が少ないと敏感肌やドライスキンになってしまいます。
したがって、肌のバリア機能を保つスキンケアのポイントは、刺激にならない丁寧な洗顔と十分な保湿によって適度な皮脂の分泌環境を整え、肌にダメージを与える紫外線からの防御が極めて重要と言えます。

まずは生活習慣の見直しからスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか?





筆者紹介
野々村秀明医師
Sun International Clinic 総合診療・形成外科・皮膚科

経歴
香川大学医学部医学科卒業、神戸大学医学部附属病院、国立病院機構姫路医療センター を経て、Singapore General Hospital へ留学。浦添総合病院 形成外科医長後、2016年10月よりSun International Clinic常勤医師。皮膚腫瘍外科指導専門医、日本形成外科学会 専門医、日本レーザー医学会 レーザー専門医、日本抗加齢医学会 専門医

患者様へ
内科系疾患から皮膚科・形成外科などをメインとし、総合的に診療致します。当院では日本と同一のクオリティで各専門領域のスペシャリストと連携しますので、少しでも体調面で不安なことがあればお気軽にご相談ください。これからも皆様のお役に立てるよう、日々精進して参ります。


 

 
カンボジアで気をつけたい、お肌のメンテナンス

この記事を書いた人

お名前 : 野々村秀明医師(Sun International Clinic 総合診療・形成外科・皮膚科)