毎日頑張って歯磨きしているのに虫歯や歯周病になっていませんか?

 

歯磨きの後のうがいの仕方を工夫した事がありますか?


 

多くの方が何気なく無意識のうちにうがいをしていると思います。


でも、これが意外な落とし穴なのかもしれません!


せっかく歯磨きの仕方を工夫して頑張って磨いても、その後のうがいが不十分だと結局、お口の中に歯垢や食べかすが残ってしまいます。
 


では、どんな「うがい」がパーフェクトなのでしょうか?


【正しいうがいの仕方】

1、しっかりと口をとがらせて頬を膨らませる

2、鼻の下と唇の下の辺りを膨せながら前歯の歯と歯に間にお水を入れるイメージで

3、全体に強めにブクブクする × 3回




お口の中の汚れの取れ具合が劇的に変わるかもしれません。
(歯の磨き方が一番大切ですが…試してみる価値はあるはず)

ぜひ一度、試してみてくださいね。


 

〜スーパーやドラックストアで見かける市販のうがい薬について〜


 

うがい薬については、本当に沢山の種類のものが売られていて選びにくいですよね?
 

刺激の強いものから低刺激のものまで様々ですが、どれも殺菌、抗炎症、などの成分が配合されています。
 


 

結論から言いますと、市販で売られているものであれば、効果にさほどの違いはありません。

(最近は歯に着色が付きにくくなる成分が配合されたものなどもあるので一概には言えませんが)

 

ですが、刺激が強いものが苦手な方には低刺激なものをお勧めしています。


刺激が強い方が効き目があるだろうと無理して使うと、
刺激が強いためにすぐに吐き出してしまい、十分な効果が得られないからです。


使用感が心地いい、好みのテイストのものを長い目で使い続ける事が重要です。





 

頻繁に虫歯になる方はもしかすると、うがい不足で虫歯や歯周病のリスクが
上がっているのかもしれません!



ぜひ一度、普段のうがいを見直してみてくださいね。


 

毎日歯磨きしているのに、虫歯や歯周病になってしまう理由とは?

この記事を書いた人

お名前 : 四元 千賀子( Chikako Yotsumoto)