政府税務局は、タバコやアルコール類の小売業者(第二次販売業者)に対する納税義務を軽減することを明らかにした。

税務局の火曜日の通達では、公共照明税(PLT)の適用に関する改定に言及された。
公共照明税(PLT)とは従来、国内外で生産されたタバコ、アルコール製品に対して課税される3%の税金である。
今回の改定で、タバコやアルコール類の第一次販売業者(輸入業者や製造業者)は引き続きPLTが課税されるが、第二次販売業者(小売業者など)に対しては、VATとPLTを除いた売上額から20%〜100%の免税が適用されるという。

この通達は、ビール、ワイン、特定の酒類、タバコ、また2014年以降政府によって禁止されているあらゆるタイプの電子タバコに適用される。

カンボジアDFDL納税担当責任者のオコネル氏は、輸入業者と製造業者は引き続き納税義務があるが、この通達は「川下流域税軽減」を目的としていると説明した。

同氏は、第二次販売業者にとって明らかなメリットは、支払う税額が減ることだと述べ、「この減税による利益は販売代理店によって保持されるか、最終消費者に移る。利益が消費者にまで移れば、消費者の購買力も上がり、生産者にとってはなお良いことだ」と付け加えた。

カンボジア商工会議所は6月以降、販売業者に適用されるPLTを減らすように税務局にロビー活動を行っており、今回の政府の対応は民間部門への配慮が現れているようだ。

シアヌークビルでビール醸造所を経営するCambrew社副社長のアラン氏は、製造業者と主要販売代理店としては今回の減税はほとんど影響を受けないと語った。しかし、サプライチェーンにとって、製品が消費者にまで渡るコストが削減されることで、様々な利点が見出されるだろうと述べた。

「我々は常に3%の公共照明税(PLT)を払っているが、第二次販売業者(小売業者)がどのように売上を立てるかについては明確ではない。しかし、競争力のあるビール市場では、下流の販売業者の税金を引き下げる変更は、市場全体に大きな影響を及ぼし、消費者に利益をもたらすだろう。」

http://www.phnompenhpost.com/business/


タブレット・PCでに日本のテレビを格安で視聴!
詳しくはこちら>>>