シェムリアップ市内に建てられた複数階建てのモールと娯楽施設である「ザ・ヘリテージ・ウォーク」は、来年早々、州最大の大型ショッピングビルとして開業する予定だ。
 
この大型ビルを管理する予定である現地企業のエメラルドプラス・プロパティ・マネジメント・サービス取締役会のSopheak氏は昨日、ビルの建設作業は既に80%が完了しており、2018年4月のグランドオープンに先駆け、2月に一部オープンする予定であると述べた。
 
「建設が完了し運営が開始すれば、ザ・ヘリテージ・ウォークはシェムリアップで最大の大型ショッピングビルとなるだろう」と同氏は語った。
 
ザ・ヘリテージ・ウォークは、国道6号線の角にある1ヘクタールの土地と、シェムリアップのスヴェイ・ドンコーム地域のオウム・チャイ通りに位置する。
 
モールには、レストランやコーヒーショップ、映画館などの約100店舗を収容し、40,000平方メートルの屋根付きの屋外小売スペースが用意されるという。
 
Sopheak氏によると、ザ・ヘリテージ・ウォークは、シェムリアップとアンコールワットを訪れる国内外の観光客を対象としているという。
 
モールが開店することで、訪問者にはショッピングとレジャーの選択肢が広がるだろうと同氏は述べた。今までは、日中はアンコール遺跡群、夜はパブ・ストリートを訪れることに限られていたという。
 
「我々は街のたまり場を多様化したいと考えており、観光客が街により長く滞在することを期待している。」と同氏は述べる。
 
シェムリアップのKey不動産のマネージャーであるNarith氏は、ザ・ヘリテージ・ウォークのコンセプトデザインは、市内にある既存の諸施設よりも目立っていると述べたが、現在の小売業界では厳しい競争に直面する可能性があると指摘した。
 
シェムリアップにはすでに、ラッキーモールやアンコール・トレードセンターを含むいくつかの小規模のショッピングセンターがあり、来年初めにはさらにいくつかのショッピングモールとコンテナ市場がオープンする予定だ。
 
「供給が急速に増している一方で、需要は小さい」とNarith氏は語る。
 
「すべての業者が建設を終え、同時に小売販売が開始すると、将来的には過剰供給が生じるのではないかと心配している」
 
http://www.phnompenhpost.com/
 

【Posteおすすめマッサージ】
Mr. Moon Massage&Therapy
メンバーズカード提示で20%OFF!
詳しくはこちら>>