チェン・ヴァナ氏がトゥクトゥク組み立て作業場を2006年に操業開始した時、お客様のニーズに合ったトゥクトゥクを期日までに納品できるかが一番の心配事だったという。カンボジアの観光業が花開き、手ごろな移動手段としてカンボジアのユニークな乗り物であるトゥクトゥクの需要は急激に増えていった。しかし今11年の時を経て、ヴァナ氏は厳しい状況に面している。魅力的な装飾が特徴的ともいえるカンボジア特有のトゥクトゥクの需要は減り始めているのだ。より軽くて燃費のいいインド製の三輪バイクに運転手が乗り換え始めたからだ。

 

プノンペン市メンチェイ区にある小さな作業場でヴァナ氏が操業を始めて10年、平均して一カ月の間に30台のトゥクトゥクを納品したという。しかし2015年には納品数は月20台に落ち込み、昨年は月平均10台だったという。「昔は一カ月前に予約をしなければ、期日までに納品することは厳しかった。今や予約する必要はなくなったばかりか、我々が買い付け客を待つ立場になってしまった。」とヴァン氏は話す。彼の組み立て工場だけではなく、プノンペン市にある全33か所の現場でトゥクトゥクの需要減退による影響が出ているのである。シェムリアップにある8か所の工場でも同じように景気減退の影響がでているという。
 

プノンペン市内にある組み立て工場の運営者であるフィルム氏は、二年前にインドの三輪型バイクが急速にカンボジア市場に広まり始めて以来、フィルム氏の工場に入る注文数は激減したという。昨年の売り上げは50%落ち込み、現在は10台の生産しか受け持っていないという。営業しているトゥクトゥクの数について、公式データはないが、カンボジアにおけるトゥクトゥクの運転手のための最大の組合である独立・民主インフォーマル経済協会は、プノンペンとシェムリアップで6000を超えるメンバーがいると発表している。フィルム氏は、インドからの新車流入とカンボジアのトゥクトゥクの飽和状態について意見した。
 

「もう十分な数のドライバーが存在している。稼ぎが少ないので、転職する者もいる。インドから新手のトゥクトゥクが輸入され、我々の営業に支障をきたしている。運転手はモーター式の牽引車ではなく、燃費のいいインドの三輪バイクを買う。」と話した。木材、鉄、骨組みを用いて製作するのに$900かかり、けん引するためのモーター設置に$2000あるいは中古品なら$1000かかる。それに対して輸入されたインドのバジャージ・オート社の三輪バイクは新しいもので$2500だ。また、コストをぐっと抑えることが出来る液化石油ガスで走ることが出来る。この新しいタイプのトゥクトゥクは現在1000台ほどプノンペン市内を走っており、今までの伝統的なトゥクトゥクを使用してきた顧客を低価格で吸収している。

phnompenhpost.com