10年前にカンボジアで自動車を買うには、首都プノンペンまで来る必要があった。それでもディーラーやショールームは多くはなかった。

しかしここ数年で状況は大きく変わった。プノンペンのほぼすべての大通りには、各社の自動車販売店が軒を連ねている。

ワットプノンエリアの中古車販売店のオーナーであるチャンニー氏は、「今やプノンペンのどこにでも自動車販売店がある。カンボジアの国民が自動車を買う余裕があることを意味している。」と語った。

生活水準が高まるにつれ、カンボジア人は新しいライフスタイルに合った自動車を購入している。その結果、数多くの高級自動車メーカーがプノンペンやその他のいくつかの州で正規販売店をオープンした。

しかしカンボジアにおいては、高級車の需要と比べ、中古車の需要がはるかに高いこともまた事実だ。

「顧客は、より手頃な価格の中古車を好む。これは間違いなく”グレーなマーケット”の台頭を助けている。」とチャンニー氏は語った。 「新車は金持ちのためだけ。街中の販売店に並ぶ車の大半が中古車であることがわかる。新車はほんのわずかだ。」

同氏によると、ほとんどの中古車は米国から輸入されているという。

商務省広報担当者のソファリー氏によると、カンボジア政府は中古車の輸入をすぐに禁止するつもりはないが、新車と中古車の間の価格差を減らすために、中古車に課す税金を引き上げる可能性を示唆しているという。

プノンペン市内の中古車店で働く別のディーラーであるヴィサク氏は、中古車の価格は昨年、課税水準の引き上げですでに大幅に上昇していると述べた。

「中古車は売りやすいものだったが、今年は中古車の輸入税が増えたため、昨年と同じ価格で販売することはできない」

「幸いにも中古車の需要は依然として高く、1ヶ月に平均7台の自動車が売れる」

中古車市場の売上高が増加したことで、銀行やマイクロファイナンス機関にローンを組むなど、人々の資金調達のハードルがある程度下がってきているという。

「ほとんどの顧客は依然として現金で支払いを行っているが、一部の人々はローンを組むようになった。」とヴィサク氏は語った。

ソファリー氏は、カンボジア人の所得水準が上昇するにつれて、カンボジア人が車を買う際に安全性を優先させ、結果として新しい車の販売台数が増えることを期待していると語った。

トヨタカンボジアのジェネラルマネージャー、リ・ブンハイ氏は、新車と中古車の両方の販売台数は今年も増えたと述べ、同国の堅調な経済成績のために今後も自動車部門の成長が続くと予想している。

「顧客は、米国のような先進国から輸入された車両は高品質であると考えているが、カンボジアに輸入される中古車の状態は製造時とは同じではないということをよくわかっていない。」

ブンハイ氏は、新車購入の重要性を多くの顧客が理解することを期待していると付け加えた。

http://www.khmertimeskh.com/


【カンボジアでゴルフに関することならお任せ!】
ゴルフステーションカンボジア
詳しくはこちら>>>