<逮捕された容疑者らの様子(写真提供:Fresh News)>


19日、カンポット州警察は、カンポット市のマッサージ店内で違法な売春サービスを行っていた疑いのある中国人9人を逮捕した。


20日、地方警察のMao Chanmathurith署長は、カンポット市にある中国人所有のマッサージ店の総支配人および管理助手である男性4人と女性5人を逮捕したという。


Chanmathurith署長は、警察がカンポット州のカンポット市にあるKraing Ampil自治区のマッサージ店を強制捜査し、20日の午後8時頃に逮捕したと述べた。


「容疑者は、カンポット州で違法な売春サービスを展開しており、カンボジアの法律に違反した」と同署長は話した。


「カンポット州の反人身売買警察が地方裁判所の検察官と協力して、20日の夜にカンポット市のマッサージ店を強制捜査した後に逮捕した」と同署長は続けた。


同署長は、マッサージ店からは関連証拠も押収したと付け加えた。


カンボジアの人身売買と性的搾取の抑制に関する法律の第26条に基づいて売春婦の採用について告訴すると同署長は語る。


容疑者は2〜5年の禁固刑になる見込みだという。


容疑者は現在、警察で取り調べを受けており、21日にさらなる調査のためカンポット州裁判所に輸送されると同署長は語った。

 

強制捜査を承認した副検察官のKha Denna氏からはコメントを得ることができなかった。

出典:KHMER TIMES

 

関連記事