日本人のお客様から、日本で飲んでいたかぜ薬(総合感冒薬)はカンボジアにもありますかと時々ご質問をいただきます。

日本の総合感冒薬には、喉の痛み、咳・痰、くしゃみ、鼻水・鼻づまり、発熱などの様々な症状に同時に効くように、痛みをとり熱を下げる成分や、咳を止める成分、痰切り、鼻水を止める成分など、複数の成分が配合されています。
また、同じ製品名でも、入っている成分の違いによって、種類が分かれています。

ほとんどの成分はカンボジアでも取り扱いがありますが、一つの薬ではなく、別々の薬となっています。
また、入っている成分は異なりますが、カンボジアにも総合感冒薬はあります。
眠気の出ないものもありますので、車やバイクを運転される方も安心です。

 

日本で飲みなれている薬があれば、

成分名を書き出して(英語で)、薬剤師に「この成分の薬はありますか?」と聞いてみてください。

英語で“Do you have this(these) medicine(s)?”(ドゥ ユー ハブ ディス(ディーズ) メディシン(ズ)?)
カンボジア語では「ミエン タナム ドーイ ニッ テー?」
飲みなれている薬はないけど、風邪薬が欲しい時は、

“Do you have any cold medicines?”(ドゥ ユー ハブ エニー コールド メディシンズ?)
「ミエン タナム プダーサーイ テー?」と聞いてみてください。


風邪の症状を伝えたい時は、
熱がある  I have a fever. (アイ ハブ ア フィーバー)  「クダウ クルオン」
頭痛がする I have a headache.(アイ ハブ ア へッディク) 「チュー クバール」
喉が痛い  I have a sore throat. (アイ ハブ ア ソアー スロート) 「チュー コー」
咳が出る  I have a (bad) cough. (アイ ハブ ア (バッド) コフ) 「クオー」
痰が出る  I'm coughing up phlegm.(アイム コフィング アップ フレム) 「ミエン スレ(へ)※」
鼻水が出る I have a runny nose. (アイ ハブ ア ラニー ノーズ) 「ヒア ソンバオ」
鼻づまり  I have a stuffy nose. (アイ ハブ ア スタフィ ノーズ) 「タン チュロモ(ホ) ※」

です。
※カッコ内の文字の口の形をして、声に出さずに息を吐きます。
英語で薬の説明はハードル高いので参考にしてみてください。

かぜをひいてしまうと外出するのがおっくうになりがち。
不快な症状を長引かせないために、お家に常備薬として少し買って置いておくのも良いかもしれません。
 
カンボジアで風邪!?薬局で適切な薬を買う方法

この記事を書いた人

お名前 : IMATOKU PHARMACY 日本人薬剤師 池原 佐和子