この国ではとても身近な果物、バナナ。
種類もたくさんありますし、日本ではあまり見かけない青いバナナもあちこちで売られています。
 
実は、バナナは、完熟度によって最も期待できる効果が変わってくるって、ご存知でしたか?
 
今日は、色ごとにどんな効果が期待できるのかをご紹介したいと思います。
 

 
青バナナ:整腸作用
 
バナナには食物繊維フラクトオリゴ糖が含まれています。
食物繊維やフラクトオリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の餌となり、これら善玉菌を増やしてくれます。善玉菌は体に良い酸を合成するので、腸の蠕動運動が促進されます。
 
また、青バナナには食物繊維と同様のはたらきをする「難消化性デンプン」というものが多く含まれています。
バナナが熟成するにつれて、この「難消化性デンプン」は分解され、糖化していくため、バナナ葉黄色になるにつれて甘さが増していくのです。
 
整腸作用に良い成分が最も多く含まれている青バナナは、便秘に困っている方におすすめです。
 

 
黄色バナナ:美肌効果、アンチエイジング効果
 
黄色く熟したバナナは栄養価が一番高くビタミンやミネラルを多く含んでいます。
疲労回復効果お肌を健康に保つ効果のあるビタミンB2・B3・B6が他の主な果物と比べて多く含まれており、これらのビタミンをバランスよく同時に摂ることができます。
 
また、バナナは、抗酸化物質を多く含み、抗酸化力が高い食品でもあります。
活性酸素という言葉をお聞きになったことがあるかもしれません。
活性酸素は細胞の酸化を起こす強い力を持っています。
肌や体内の組織の細胞に酸化が起こると、金属に錆がつくように、細胞がさびてしまい、老化(エイジング)の引き金となります。
 
この活性酸素を除去するはたらきがあるのが抗酸化物質です。
バナナにはこの抗酸化物質が多く含まれているので、アンチエイジング効果が期待できます。
 
激しい運動をした後育ち盛りのお子様虚弱体質の方お肌の調子が良くない方には、この黄色バナナがおすすめです。
 
 
茶色バナナ:免疫効果、胃潰瘍抑制効果
 
マウスにバナナを食べさせると、体内の免疫機構が高まったという研究結果が発表されています(*)。
(*)『Differences in Biological Response Modifier-like Activities According to the Strain and Maturity of Bananas 』(Food Sci. Technol. Res., 15(3),275?282,2009/帝京大学 薬学部 助教 岩澤晴代・教授山崎正利)
 
また、黒い斑点ができた茶色バナナでは、普通の果物では珍しい「リン脂質」が含まれています。
このリン脂質は、胃粘膜を保護するため、胃潰瘍を抑制する効果が期待できるそうです(**)。
 (**)『The Antiulcerative Effect of Thai Musa Species in Rats』(Phytother. Research 15,404-410 (2001), Patchareewan Pannangpetch et al)『Surfactant Appraoch to the Gastric Mucosal Barrier:Protection of Rats by Banana Even When Acidified』(B.A. Hills & C.A.Kirkwood, Gastroenterology 97, 294-303(1989))

牛乳とバナナを混ぜると、胃粘膜を保護する相乗効果が期待できるようです。
胃が弱い方胃に負担がかかりがちな食生活をしている方は、この茶色バナナがおすすめです。
 
 
その時々の体調に合わせて、完熟度の違うバナナを上手に取り入れていかれると良いかもしれません。
 
青バナナに整腸作用!? 完熟度によって期待できるバナナの効果

この記事を書いた人

お名前 : IMATOKU PHARMACY 日本人薬剤師 池原 佐和子