プノンペンの本格フレンチレストラン「オープンワイン(Open Wine)」のランチがコスパ最強!!

プノンペンの本格フレンチレストラン「オープンワイン(Open Wine)」のランチがコスパ最強!!
プノンペンの本格フレンチレストラン「オープンワイン(Open Wine)」のランチがコスパ最強!!

王宮の裏にお店を構える「オープンワイン(Open Wine)」は各国の大使館御用達のフレンチレストランです。

フレンチと聞くとお高いイメージがあるかもしれませんが、なんと14ドル(約1550円)で前菜、メイン、デザートがお腹いっぱい楽しめちゃいます!!

 

今回はそんな「オープンワイン(Open Wine)」のランチをレポートします。

 

 

レストランの様子

 

本格フレンチレストラン「オープンワイン(Open Wine)」

「オープンワイン(Open Wine)」の目の前には緑豊かな庭園が広がり、周辺とは違う世界が広がっています。

とてもおしゃれで特徴的な外観なので見つけられないなんてことはなさそうです!

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

店内は木を基調とし、とても落ち着いた雰囲気です。

1席1席、きちんとセッティングされていて、店内にはワインのボトルがたくさん並んでいます。

 

本格フレンチレストラン「オープンワイン(Open Wine)」

テラス席もあるので、ランチをする際に利用してみるのもいいかもしれません。

 

 

ランチメニュー

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

ランチメニューは前菜、メイン、デザートの3品を多数のメニューの中から好きな組み合わせで選ぶことができます。

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

こちらは前菜のメニュー。

サーモンや牛肉のカルパッチョ、ヤギのチーズが使用されたサラダやハムとチーズのコロッケ、レンズ豆のスープなどがあります。

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

フレンチレストランに食事へ行った時、「メニューがフランス語や英語表記で分かりずらい」ということもあると思います。

しかし、「オープンワイン(Open Wine)」のメニューは、写真や日本語での記載があるのでとても分かりやすいです!

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

こちらはメインのメニューです。

魚や肉、ハンバーガー、リゾットなどその日の気分に合わせて選ぶことができます。

デザートも5種類ほどあり、その中から好きなものをオーダーすることができます!

 

今回は2種類のランチセットをオーダーしたので、その様子をご紹介します。

 

前菜

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

1つ目の前菜は、サーモンのカルパッチョです。

フレンチと聞くと、お皿に少ししか乗ってないんじゃないかと思いがちですが、ボリュームたっぷりです!!

サーモンは新鮮で、レモンをかけなくても程よい酸味のあるソースとよく合います。

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

2つ目は、トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ。

こちらも前菜とは思えないボリュームで、前菜だけでお腹いっぱいになってしまいそうです。

カプレーゼは平たくお皿に並べられているイメージがありますが、タワーのように積み重なっているのもまたおしゃれです。

 

上にはパリパリのチーズが乗っていて、モッツァレラチーズとパリパリのチーズの両方が楽しめます。

 

メイン

続いて、メインです。

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

1つ目のメインは、チキンロールです。

揚げた外側はパリッとしていて、中のチキンは柔らかく、絶品です!

チーズもたっぷり詰まっていて、マッシュルームソースとよく合います。

 

少しメインにしては小さく感じるかもしれませんが、チキンとチーズがぎゅっと詰まったこのチキンロールは、見た目以上に食べ応えがあります。

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

2つ目のメインは、ランプステーキとブラックペッパーソースです。

前菜、デザート付きのランチでステーキまで食べれるとは驚きです!!

 

さらに、フライドポテト、サラダまで付いてきます!!

もちろん、ステーキは柔らかくて食べ応えのある大きさで、ブラックペッパーソースは胡椒が効きすぎていなくて食べやすいです。

 

デザート

前菜、メインを堪能した後はもう既にお腹いっぱいでしたが、それでも食べたくなるほどの本格的なデザートもあります!

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

1つ目のデザートはバニラムースです。

とても可愛らしい見た目ですよね!

バニラムースはホワイトチョコレートに近い味でした。

濃厚なムースの中にはラズベリーソースが入っていて、程よい酸味が効いているので甘さもちょうどいいです。

 

プノンペンにあるフレンチレストラン「Open Wine」

2つ目のデザートは、アップルタルトです。

サクサクのタルトの上にはキャラメルソース、バニラアイスが乗っていて、温かいタルトと冷たいバニラアイスの相性は抜群です!

 

タルトの大きさは、1人で食べるのには十分すぎるくらいの大きさですが、しつこくない甘さなので食べ切れちゃいます!

 

 

まとめ

 

今回は「オープンワイン(Open Wine)」のランチをご紹介しました。

本格的でボリューミーなのに14ドル?! と聞き返してしまうほどのランチメニュー。

一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

「Open Wine」詳細情報

Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンで創作フレンチ料理やオリジナルカクテル、ワインを楽しむことができるフレンチ&バー。レンガ造りがおしゃれな店内はロフトスタイルで、演出しており、広々とした空間に上品な装飾が施されています。

店舗詳細ページを見る

五感が全て満たされる、イタリアと同じ素材・同じ料理をプノンペンで。プノンペンのイタリア人経営のイタリアンレストラン。一軒家を改装した店内はクラシカルでありながら、襟を立てずにゆったりとできるカジュアル空間です。一期一会の心を秘めて、お客様をお出迎えします。

店舗詳細ページを見る

盲目マッサージ。自らも盲目のオーナーのNikaさんはこの道20年以上のマッサージのプロ。かつてJICAの支援で日本・沖縄に行き、日本人の盲目の方にマッサージを指導した経験もあります。ボディマッサージは1時間7ドルとリーズナブル。マッサージレベルは一級品。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの有名イタリアンレストラン「Terrazza(テラッツァ)」。日本人も足しげく通う有名店です。前菜、パスタ、ピザ、どれをとっても味は抜群。個室もあるので、普段使い以外にも接待・会食にもおすすめ。ランチ利用もおすすめです。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで日本人女将が切り盛りする日本食レストラン「真家」。女将の井上さんが笑顔でお出迎えしてくれます。どことなく落ち着く店内と、家庭的な味わいのお食事。家のように寛げるひとときを過ごすことができます。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの老舗ラウンジ「ラウンジ琴」。日本のスナックのような雰囲気です。日本人ママやカンボジア人の女の子とゆったりとお酒を楽しむことができます。カウンター席。ボックス席、VIP席があるので、様々なシーンにおすすめです。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories