メタンフェタミン密売、カンボジア人や外国人3人を勾留

メタンフェタミン密売、カンボジア人や外国人3人を勾留
2020年10月12日(月)14時09分 公開
メタンフェタミン密売、カンボジア人や外国人3人を勾留

<写真:The Phnom Penh Post>

 

11日プノンペン市裁判所は、薬物取引をしていたとして逮捕されたカンボジア人と外国人の3人の勾留を認めることを決定した。

裁判所によると、勾留が認められたのはシエラレオネ人のConth Abdul被告、ナイジェリア人のOgan Dimma Lgwe Linus被告、カンボジア人のHean Lis被告だ。

当局は、被告らが逮捕されたのち、運送業者と協力して本に隠されていたメタンフェタミン993.42グラムを押収したという。

 

また、別の薬物関連事件でも、2人の被告が薬物取引をしていたとして9日に同裁判所へと送られている。

この事件で逮捕されたのはChorn Makara被告(31)とTem Chimi被告(26)で、警察は6日に約1キロのメタンフェタミンを押収している。

被告らはプノンペンのKambol区で逮捕され、秤と携帯電話4台も押収されている。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories