蠕虫を食べて1人死亡、3人体調不良に

蠕虫を食べて1人死亡、3人体調不良に
2021年01月26日(火)18時58分 公開
蠕虫を食べて1人死亡、3人体調不良に

<写真:Unsplash>

 

プレアヴィヒア州にある水田で、腐敗したヤシの木から採餌した蠕虫(パームワーム)を食べた男性がその後死亡した。さらに、同じく蠕虫を食べた他の3人は体調不良を訴えた。

水田のある同州SangkumThmei地区のChuon Moeun警察署長によると、4人は同じ地区に在住しているという。

 

Moeun警察署長がプノンペンポストに伝えた内容によると、Mao Leanさん(28)と近所に住むPoy Vinさん(28)、Dim Sopheaさん(15)、Prach Piseyさん(9)は、田んぼの中心にある腐敗したヤシの木を斧で切り、食べるためにパームワームを捕まえたという。

4人は、腐敗したヤシの木から約1キロのパームワームを捕まえ、夕食として油で揚げて塩をかけて食べたという。
 

その約2時間後、4人には目眩や頭痛、腹痛や下痢などの症状が見られたという。

この症状を緩和するため、3人はレモンティーにはちみつを混ぜて飲んだものの、Leanさんだけは飲まずに就寝したという。

 

夜中、Leanさんは腹痛と下痢の症状で起床し、家族が病院へ搬送したものの、途中で死亡が確認されたという。

法医学検査とLeanさんの友人や親戚によると、大量にパームワームを食べていたことが原因でLeanさんは食中毒を引き起こしたとされる。
 

Sen Kong村のSom Sourth村長は、特にヤシの木やココナッツの木で見られるパームワームは、珍味であると考えられており、健康に悪いとは聞いたことがないとした。

インド国立栄養研究所が以前に発表した報告書によると、パームワームは専門家らによって食用に適していると広く考えられており、タンパク質や炭水化物、ビタミンA、ビタミンEの優れた供給源だという。
 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories