カンボジアのマンゴー輸出量、前年比251%増

カンボジアのマンゴー輸出量、前年比251%増
2021年09月08日(水)14時53分 公開
カンボジアのマンゴー輸出量、前年比251%増

<写真:Khmer Times>

 

カンボジア農林水産省によると、今年1月〜8月のカンボジアのマンゴーの輸出量は、前年同時期に比べて251%増加し、16万3828トンになったという。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

また、同国はマンゴージャム1万4087トン、マンゴーシロップ4000トン以上を輸出し、昨年同時期と比較してそれぞれ195%、79%の増加が見られた。

カンボジア産マンゴーの主要輸出先国はベトナム 、タイ、中国、韓国、香港、シンガポール、クウェート、フィリピン、日本、イギリス、アメリカ、カザフスタン、ロシアなどだ。

 

カンボジアでは、特にコンポンスプー州、カンポット州、バッタンバン州、バンテアイミエンチェイ州でマンゴーの栽培が行われており、国内全体で合計10万ヘクタール以上の畑で年間約150万トンが収穫されているという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories