お土産にも最適! プノンペンのオーダーメイドできるスリッポン屋さん「AMBOH」

お土産にも最適! プノンペンのオーダーメイドできるスリッポン屋さん「AMBOH」
お土産にも最適! プノンペンのオーダーメイドできるスリッポン屋さん「AMBOH」

プノンペンで、オーダーメイドできるスリッポン屋さんがあるのをご存知ですか?

「カンボジアのお土産に何を買えばいいのか分からない」という声をよく耳にしますが、カンボジア産のおしゃれなスリッポンもお土産に最適です!

 

今回は、そんなカンボジアでおしゃれなスリッポンが作れる「AMBOH」をご紹介します!

 

 

「AMBOH」とは?

 

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

「AMBOH」は、プノンペンの21ストリートにお店を構えています。

周りにはお店はなく、細い路地にあり少し見つけにくいですが、お店の前に立てられている旗が目印です。

 

「AMBOH」では、カンボジアで生産された綿100%の生地とジュートソールから作られたスリッポンを販売しています。

お店で使われている布は、カンボジアの市場や地方から仕入れた伝統的な布ばかり。

 

また、「カンボジア発」のブランドであるとともに、フェアトレードに取り組んでいるということでも知られています。

布のデザインを選んでからスリッポンになるまで、全ての過程を店内で手作りしているところも見どころです!

 

AMBOHのスリッポン

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

カンボジアの伝統的なクラマ(Krama)と呼ばれる布は、AMBOHで作られるスリッポンにも使用されています。

クラマは、スカーフ、バンダナ、子供用のハンモックなどに使われる伝統的なカンボジアの綿布です。

 

つま先には天然のジュート繊維が手縫いされているのだとか!

靴の中の繊維で足がチクチクするかと思いきや、履き心地も問題ありません。

靴底にはジュート繊維の下にゴムが付いており、軽い上にとても歩きやすくなっています!

 

スリッポンは、お店に展示されている既存のデザインの新しいコレクション、サイトに掲載されている旧コレクションと、自分で好きなデザインを選べるカスタマイズの3種類があります。

価格は、新しいコレクションが25ドル(約2800円)、旧コレクションが30ドル(約3300円)、カスタマイズが35ドル(約3800円)です。

 

店内の様子

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

店内は白と木目を基調とし、とても明るい雰囲気です。

「AMBOH」は2015年にフランス人のオーナーによってオープンしました。

 

店内には靴のサンプルやTシャツ、雑貨などが多数展示・販売されており、お店の人が笑顔で丁寧に説明をしてくれます。

展示されている商品はどれも素敵なものばかりで、ついついたくさん買ってしまいそうです。

 

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

画質が悪いですが、店内の奥には材料となる布が保管されている棚や、その左側にはスリッポンが手作りされているワークショップがあります。

 

材料となる生地がたくさん!

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

こちらがAMBOHで使われている布です。

想像以上にたくさんあり、見ているだけでも楽しいです!

こちらの生地は全部カンボジアの市場から仕入れたもので、おしゃれなデザインのものばかりでした!

 

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

こちらはカンボジアのラタナキリ(Ratanakiri)地方に住むタンパン(Tampuan)民族の衣装に使われる生地なのだとか。

クラマ(Krama)と比べると硬めの生地ですが、日本では珍しいエスニックな感じがまたおしゃれです!

 

ワークショップの様子

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

こちらが店内にあるワークショップの様子です。

手作業で1つ1つスリッポンを作っている様子を誰でも見学することができます。

こちらのワークショップ内で布の裁断、ミシン縫い、手縫いの作業が全て行われています。

 

靴だけではありません!

「AMBOH」で販売されているのはスリッポンだけではありません!

 

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

こちらはカンボジアらしいデザインがプリントされた折りたたみのお財布。

お財布には、カンボジア国内外のアーティストによって描かれたデザインがプリントされています。

 

驚くべきことに、このお財布は紙でできたお財布なんです!!

「紙だからすぐに壊れそう」と思ってしまいますが、防水仕様で地球に優しい素材なのにとても頑丈です。

 

お土産や記念にもいいですね!

 

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

こちらはポシェットです。

「BUMI」というフランス人のオーナーによって作られたブランドです。

こちらも「AMBOH」と同じようにカンボジアの市場で買い付けた布を使い、綿、スエード、リネンなどの生地で手作りされています。

 

「AMBOH」には、スリッポンだけでなく、複数のブランドの商品が販売されているので、セレクトショップとしても楽しむことができます。

 

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

こちらでは、ソープ(後ろの箱)や歯のホワイトニング用のパウダー、ココナッツオイル(手前の瓶)が売られていました!

ソープにはココナッツやアロエ、炭、ターメリックの4種類があり、ホワイトニングのパウダーは炭でできているようです!

 

この石鹸やホワイトニングを販売する「Dai Khmer」は、天然素材のみを使用して環境に優しい手作りの商品を販売しています。

また、「Dai Khmer」は女性の経済的自立を支援しており、女性が経済的に自立することでその家族にも教育や、専門的な技術を身につけることができ、職に就くための支援になると考えられています。

 

なかなか日本では見かけないターメリックの石鹸や炭のホワイトニングパウダーもお土産であげたら面白そうです!

 

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

こちらはアクセサリーです。

「Penh Lenh」のアクセサリーを購入すると、疎外されたり、危機にさらされているカンボジアの若い女性が質の高い教育や職業訓練を通して人生の目標を追求するための手助けになります。

 

アクセサリーは手作りですが、しっかりとした作りで丈夫です。

デザインによって異なりますが、ブレスレットは15ドル(約1600円)〜19ドル(約2000円)、アンクレットは20ドル(約2100円)〜29ドル(約3100円)で購入することができます。

 

プノンペンにあるスリッポン屋さん「AMBOH」

Tシャツもあります!! こちらのTシャツは左胸に小さくスリッポンのロゴが入っています。

価格は18ドル(約1900円)で、スリッポンと一緒に購入すると合計40ドル(約4300円)で購入することができます。

 

また、お店で手作りされているカチューシャやヘアバンド、トートバッグも販売されていました!

「AMBOH」に来ればお土産選びに迷うことはないかもしれません!

 

Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで各国大使館御用達のフレンチレストラン「オープンワイン」。高級フレンチですがランチはコースで14ドルと日本に比べてかなり安い価格です。日本人からも人気が高く、会食や接待、友人とのお食事など、どんなシーンにもおすすめ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンにある日系ホテル「東屋ホテル」の露天風呂。カンボジアでサウナと水風呂も利用できちゃいます。また、東屋ホテル宿泊者だけでなく、5ドルでビジター利用も可能。お風呂にゆっくり浸かって日々の疲れを癒すことができます。

店舗詳細ページを見る

五感が全て満たされる、イタリアと同じ素材・同じ料理をプノンペンで。プノンペンのイタリア人経営のイタリアンレストラン。一軒家を改装した店内はクラシカルでありながら、襟を立てずにゆったりとできるカジュアル空間です。一期一会の心を秘めて、お客様をお出迎えします。

店舗詳細ページを見る

「炭火横丁」はプノンペンに2店舗を構える七輪焼肉店。七輪の炭火で焼く焼肉は最高に旨い!焼肉以外にもサイドメニューとアルコールメニューが種類豊富。品質の高いお肉をリーズナブルな価格で楽しむことができます。カジュアルな食事会や飲み会におすすめ。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories