カンボジアでインフルエンザが流行、8州で500人以上感染

カンボジアでインフルエンザが流行、8州で500人以上感染
2020年09月21日(月)18時24分 公開
カンボジアでインフルエンザが流行、8州で500人以上感染

<写真:The Phnom Penh Post>

 

保健省のOr Vandine報道官によると、過去1ヶ月間にカンボジア国内の8州で575人のインフルエンザへの感染が確認されたという。

同省はインフルエンザ流行に関して注意を呼びかけている。
 

各州で僧侶のインフルエンザ感染が相次いでおり、タケオ州で36人、バッタンバンで46人、トボンクムン州で17人、ボンティアイミアンチェイ州で26人の感染が確認されたという。

さらに、受刑者の感染も多く確認されている。保健省によると、ココン州で169人、プレアヴィヒア州で147人が入院、コンポンチャム州で57人の受刑者のインフルエンザへの感染が確認されたという。

 

また、ラタナキリ州では、Som Thom保健センターの近くに住む67人の感染が確認されている。

 Vandine報道官によると、コンポンチャム州ではインフルエンザ感染者のうち15%が回復しているという。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories