マレーシアの二輪車メーカーであるDNC Asiatic Holdings Sdn Bhdは今年、同社のDmakモデル2万5000台カンボジアに出荷する予定である。
 
これは同社の海外展開戦略の一環であり、5600万ドル相当の取引になるとのことだ。
 
パートナーであるカンボジアのAsian Comfort Investment Co Ltdは、New Straits Timesの報道によると、出荷は第2四半期中に行われると述べた。

DNC Asiatic Holdingsのフー・イェン執行役員は、マレーシアのオートバイ市場が飽和した現在、同社は海外への展開を考えていると述べ、

「マレーシアに拠点を構えるOlak Lempit工場の生産能力の約半分は、輸出市場に対応している。」

「今年はカンボジアに2万5000台、ミャンマーとバングラデシュには5,000台、残りは国内市場向けに出荷される。」と語った。

Kim Chhay自動車のKim Chhay代表は、近年急速に拡大しているオートバイ市場に、多くの新しいブランドが参入していると語った。

「現在、市場の競争はやや厳しくなっている。ホンダとスズキは依然として最も人気のあるブランドだが、他にも多くの新しいブランドが登場している。」と述べた。
 
ほとんどの輸入二輪車は中国、台湾、ベトナム、マレーシアから輸入されている。

同氏は、「多くの新規参入企業が失敗するのを見た。」
 
「成功するためには、顧客を知る必要がある。カンボジア人は、価格、品質、スタイルを気にする。これらが満たされていなければ、失敗するだろう。」と語った。

カンボジアは、ミャンマーとスリランカに続く、DNC Asiatic Holdingsの第3の外国市場である。

http://www.khmertimeskh.com


 

カンボジアの社会や政治の最新情報を知りたい。
カンボジアのトレンドに結構興味があるけど、どうしたらいいのだろう?

ポステのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信!
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、カンボジアで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。