10日、性具をSNS上で宣伝・販売したとして5人が逮捕された。裁判は14日に行われる予定だ。

13日、プノンペン警察のRath Sreang司令官は「警察は4人の男と1人の女を性具をSNS上で販売したとして逮捕た。容疑者の自宅にあった100個以上の性具と性欲増進剤を押収した」と話した。

Sreang司令官は容疑者の身元については明らかにしなかった。

Sreang司令官はさらに「警察は容疑者から事情を聞いているところだ。事情聴取後の月曜日に裁判所に移送する予定だ。性具の販売はクメール人の伝統文化・慣習・法を貶めることになる。さらに若者が性具の存在を知り、えてして使用することで、若者の性犯罪を促進することになりかねない」と続けた。




人身売買撲滅を掲げる機関のSen Komon代表は「Facebook上で性具の販売が行われたことは確認済みだ。今回逮捕した5人のうち1人の女性が販売に関して指示を出し、残り男4人が販売員として動いていた。押収した性道具は65個のディルドや53枚のアダルトビデオ、その他性欲促進剤だ」と語った。

カンボジアの法に従えば、性具を販売は懲役1ヶ月もしくは50ドルの罰金が科される。

出典:KhmerTimes

関連記事