16日、スバイリエン州裁判所はバベット市でクリスタルメス、エクスタシー、ケタミン、コカインなどの薬物を密売していたとしてカンボジア人男性とその交際相手のベトナム人女性を起訴した。


スバイリエン州軍警察のVong Saroeun副署長は被告らを中国人所有カジノで働くChea Vibo被告l(30)、Nguven Thimiyean被告(27)と明らかにした。


被告らは麻薬所持と密売の容疑で起訴されたという。13日、両容疑者はカジノの前で逮捕された。


13日午後8時30分、被告らはカジノの客に薬物を販売するため薬物をバベット市の自宅からをバイクで運んでいたと同副署長は述べた。


被告らがカジノの前に到着した時に、近くにいた軍警察官が呼び止め、バイクを調べたという。


「軍警察官は様々な麻薬をバイクのシート下から発見した。被告らは現行犯逮捕され、麻薬は証拠として押収された」と同副署長は述べた。


50グラムに及ぶクリスタルメタンフェタミンの小袋33袋、5.56グラムのケタミンの小袋2袋、12グラムのエクスタシーピル33袋、エクスタシーパウダー8.46グラム、コカイン15.24グラム、計量器、携帯電話2台、容疑者のバイクを軍警察は押収した。


両被告は現在、裁判前拘留中だと同副署長は述べた。


8日にもコンポンチャム州警察がBatheay地区で麻薬使用と販売の容疑で6人を逮捕した。


コンポンチャム州警察麻薬局のSeng Vichetr副局長は容疑者をYen Phally容疑者(47)と妻のChin Thach容疑者(40)、Pan Engdeng容疑者(29)、Sovann Theary容疑者(28)、Slay Marn容疑者(28)、Thol Bunthoeun容疑者(23)と明らかにした。

 

容疑者らはコンポンチャムのナイトクラブやゲストハウスで薬物を販売していたと同副局長は述べた。


同副局長によると、州警察麻薬局が地元警察と連携し、州裁判所の検察官立ち会いのもとBatheay地区のTaing Kraing自治区にあるレンタルハウスを強制捜査を行い、15日午後4時に容疑者らを逮捕したという。


「同自治区のレンタルハウスを州警察の麻薬局が強制捜査後に容疑者らは逮捕された。逮捕時、容疑者は薬物を使用していた。」と同副局長は述べた。


100グラム近いクリスタルメスの小袋17袋、計量器、携帯電話2台、麻薬関連機器を強制捜査後、押収したと同副局長は述べた。


逮捕された6人は全員、麻薬検査で陽性反応を示したという。


麻薬使用と密売の罪で起訴されている容疑者6人は17日、裁判所に移送される予定だと同副局長は述べた。

 

出典:KHMER TIMES

 

関連記事