カンボジア入国にはビザ取得が必須!どのビザを取るのが正解?

カンボジア入国にはビザ取得が必須!どのビザを取るのが正解?
カンボジア入国にはビザ取得が必須!どのビザを取るのが正解?
カンボジア入国にはビザ取得が必ず必要!



カンボジアに入国の際には必ずビザの申請が必要です。パスポートがあっても入国許可証であるビザがないと入国する事はできません。
カンボジアのビザにはいくつかの種類があります。しかし、一般的な日本人に関係するのは「観光ビザ(Tビザ)」と「商用ビザ(Eビザ)」です。
商用ビザはビジネスビザや業務ビザと呼ばれる事もありますが、ここでは商用ビザで統一します。


観光ビザ(Tビザ)

観光ビザはカンボジアへの渡航目的が観光である人向けのビザです。
観光ビザの中にも4種類あり、それぞれ有効期限、入国可能回数が異なります。
入国後、観光ビザは滞在可能日数を1回だけ30日間延長する事が可能です。つまり、延長申請を行えば最大2ヶ月間滞在する事が可能です。
延長申請はプノンペン空港の前にあるカンボジア内務省入国管理局にて行う事ができます。

・シングルビザ
有効期間:3ヶ月
滞在可能日数:30日
必要旅券残存:6ヶ月以上
未使用査証欄:1ページ以上

・1年マルチプルビザ
有効期間:1年(有効期間内であれば何度でも出入国可能)
1回あたりの滞在可能日数:30日
必要旅券残存:1年6ヶ月以上
未使用査証欄:1ページ以上

・2年マルチプルビザ
有効期間:2年(有効期間内であれば何度でも出入国可能)
1回あたりの滞在可能日数:30日
必要旅券残存:2年6ヶ月以上
未使用査証欄:1ページ以上


・3年マルチプルビザ
有効期間:3年(有効期間内であれば何度でも出入国可能)
1回あたりの滞在可能日数:30日
必要旅券残存:3年6ヶ月以上
未使用査証欄:1ページ以上


商用ビザ(Eビザ)
商用ビザは渡航目的がビジネス(商用、業務)である人向けのビザです。
申請時ワークパーミットの提出などは必要とされていません。
商用ビザは観光ビザと異なり、入国後にカンボジア国内にあるカンボジア内務省入国管理局にて最大1年間の有効期限延長が可能です。さらにパスポートが有効である限り、何度でも延長申請をする事ができます。
入国後、一度も出国せずに長期間滞在する人にもおすすめのビザです。
商用ビザにも4種類あり、それぞれ有効期限が異なります。

・シングルビザ
有効期間:3ヶ月
滞在可能日数:30日
必要旅券残存:6ヶ月以上
未使用査証欄:1ページ以上

・1年マルチプルビザ
有効期間:1年(有効期間内であれば何度でも出入国可能)
1回あたりの滞在可能日数:30日
必要旅券残存:1年6ヶ月以上
未使用査証欄:1ページ以上

・2年マルチプルビザ
有効期間:2年(有効期間内であれば何度でも出入国可能)
1回あたりの滞在可能日数:30日
必要旅券残存:2年6ヶ月以上
未使用査証欄:1ページ以上

・3年マルチプルビザ
有効期間:3年(有効期間内であれば何度でも出入国可能)
1回あたりの滞在可能日数:30日
必要旅券残存:3年6ヶ月以上
未使用査証欄:1ページ以上



観光ビザと商用ビザの違い

観光ビザと商用ビザともに、最初の滞在可能日数は30日です。
しかし、観光ビザと商用ビザではカンボジア入国後にカンボジア国内で延長できる滞在日数が異なります。
観光ビザではカンボジア入国後、1回だけ滞在日数を30日間延長する事ができます。
しかし、商用ビザではカンボジア入国後にカンボジア国内で最大1年間の滞在日数の延長を申請する事ができます。さらに、パスポートの残存期限がある限り何度でも延長の申請が可能です。


カンボジアに30日間以上滞在するあなたは、
下記よりビザを延長する方法をご確認いただけます。
↓   ↓   ↓
「カンボジアに30日以上滞在する人必見!カンボジア国内でのビザ延長方法」
Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンに新たにオープンした眼科「Japan Eye Hospital」。創業90周年のパリミキに根付いたDNAで監修する眼科です。院内には、日本全国に600店舗以上展開する眼鏡専門店「パリミキ・メガネ」も併設。日本語対応可能、海外旅行保険利用可能。

店舗詳細ページを見る

ボンケンコンにお店を構える「鮨丼丸」は、お店の前の大きい鳥居が目印の日本食レストランです。 経験30年以上の日本人シェフによる本格的な和食がリーズナブルに楽むことができます。 また、デリバリーも受け付けているため、ご自宅でも美味しい日本食が楽しめます。

店舗詳細ページを見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

プノンペンの日系ホテル「東屋ホテル」から、日常生活を便利にする家事代行サービスが登場。お家やオフィスの清掃、電気屋や水道管などの修繕、家事の代行など、合計6種類のサービスを利用することができます。東屋ブランドとして、安心・安全のサービスをお届けします。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories