プノンペンで有名な地域名・ランドマーク・主要通り一覧!

プノンペンで有名な地域名・ランドマーク・主要通り一覧!
プノンペンで有名な地域名・ランドマーク・主要通り一覧!

プノンペンに来たばかりの方、プノンペン在住が長い人と話すときに聞き慣れない地名・通りの名前を耳にすることが多くはないでしょうか。「◯◯エリアの◯◯レストランに昨日行ったんだけど」「◯◯通り沿いに大型スーパーがあってね」などの会話を聞いて、正直「来たばかりだからそんな説明受けてもエリアや通りの名前が分からない。。」という方もいると思います。そんな方に向けて、プノンペンで生活するうえで知っておくと便利な地域の名前、ランドマーク、通りの名前を紹介します!

 

 

覚えておくと便利な地域名!

 

ボンケンコン1エリア(Boeung Keng Kang1)

「ボンケンコン1」はプノンペン随一の繁華街です。高級レストランやスパ、日系クリニック、スターバックスなどのカフェ、サービスアパートメントなどが密集しており、多くの外国人がいます。「BKK1」や、略して「ボンケンコン」「BKK」などと在住者の間では言われます。

 

エリア地図

 

リバーサイド(Riverside)

「リバーサイド(Riverside)」エリアはトンレサップ(Tonle Sap)川沿いのことです。主に西洋人が集まる安くて美味しいレストランやオシャレなバーがあります。また、プノンペンでナイトライフを楽しむならここ「リバーサイド」です。中心通りでは深夜3時頃まで飲み歩いている人もいます。

 

エリア地図

 

トゥールトンポン(Toul Tum Poung)

「トゥールトンポン(Toul Tum Poung)」エリアは外国人の住宅街で、安くてオシャレなお店が密集しています。アパートの家賃も安く、「トゥールトンポン」エリアに住んでいる日本人もたくさんいます。エリア内には色々なものが揃うロシアンマーケットも。

 

エリア地図

 

ダイヤモンドアイランド(Diamond Island)

「ダイヤモンドアイランド(Diamond Island)」エリアは、2019年現在、主に中国企業により開発が進んでいるエリアです。文字通り島で、橋を渡った先にあります。日本でもお馴染み東横インも「ダイヤモンドアイランド」エリアに位置しています。高層ビルの建設が進められ、中華料理レストランも次々とオープンしています。未来都市として注目を集めています。

 

エリア地図

 

トゥールコック(Tuol Kouk)

「トゥールコック(Tuol Kouk)」エリアはプノンペン中心地より少し北に行ったエリアです。プノンペン国際空港からのアクセスも良く、徐々に開発が進んでいる地域です。多くの韓国人が住んでいるエリアとして有名です。

 

エリア地図

 

 

会話によく出てくるプノンペンのランドマーク

 

ヴァタナックキャピタルタワー(Vattanac Capital Tower)

出典:Wikipedia

2019年現在、プノンペンで最高層のビルです。「ヴァタナックキャピタルタワー」はオフィスビルで、中には5つ星ホテル「Rosewood Phnom Penh」も入っています。

 

マップ

 

セントラルマーケット(Cental Market)

プノンペン最大規模のマーケット「セントラルマーケット(Cental Market)」。有名な観光地の一つでもあります。建築されたのは1937年と古く、歴史を感じることができます。

 

マップ

 

空港(Phnom Penh International Airport)

出典:Cambodia Airport

「プノンペン国際空港」のことです。プノンペン西部に位置しており、市内中心地からは車で30分ほどの距離です。

 

マップ

 

独立記念塔(Independence Monument)

カンボジアがフランスから独立したときに建てられた記念塔です。市内の中心地に位置しています。

 

マップ

 

オリンピックスタジアム(Olympic Stadium)

出典:Wikipedia

カンボジアの国際試合も行われる、プノンペン随一のスタジアム。サッカー場やテニスコート、バスケットボールコートなどが入っています。2019年現在、「オリンピックスタジアム」付近では中国企業による開発が進められています。

 

マップ

 

王宮(Royal Palace)

プノンペンのトンレサップ川沿いに位置する王宮。王宮前には広場があり、市民の憩いの場となっています。

 

マップ

 

 

プノンペンの主要通りまとめ

 

モニボン大通り(Monivong Boulevard)

「モニボン通り(Monivong Boulevard)」は、プノンペン市内の北から南までを結ぶ主要通りです。「Boulevard」は直訳すると「大通り」ですが、在住者の間では「モニボン通り」「モニボン」と呼ばれることが多いです。「モニボン通り」沿いにはヴァタナックキャピタルタワー(Vattanac Capital Tower)やプノンペンタワー(Phnom Penh Tower)などのランドマークタワーが位置しています。

 

マップ

 

ノロドム大通り(Norodom Boulevard)

「ノロドム通り(Norodom Boulevard)」は「モニボン通り」と並行して市内を南北に結ぶ大通りです。「ノロドム通り」沿いには日本国大使館を含む各国大使館や高級レストランが位置しています。

 

マップ

 

ロシア連邦大通り(Russian Federation Boulevard)

「ロシア連邦通り(Russian Federation Boulevard)」はプノンペン国際空港と市内を結ぶ大通りです。誰もが空港から市内に向かう際に通るでしょう。

 

マップ

 

シアヌーク大通り(Sihanouk Boulevard) 

「シアヌーク通り(Sihanouk Boulevard) 」はプノンペン市内の東西を結ぶ大通りです。独立記念塔を横切っています。

 

マップ

 

ソテアロス大通り(Sothearos Boulevard)

「ソテアロス通り(Sothearos Boulevard)」はイオン1号店や五つ星ホテルソフィテルホテル(Sofitel Hotel)前を走る大通りです。夜には屋台が多くあらわれ、賑わいをみせています。

 

マップ

 

 

まとめ

 

プノンペンに来たばかりの方に向けて、有名な地域名やランドマーク、主要道路を紹介しました。この記事を参考にして、有意義で楽しいプノンペン生活を送ってください!

 

※この記事に記載されている情報は2019年2月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事

Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンにある日系ホテル「東屋ホテル」の露天風呂。カンボジアでサウナと水風呂も利用できちゃいます。また、東屋ホテル宿泊者だけでなく、5ドルでビジター利用も可能。お風呂にゆっくり浸かって日々の疲れを癒すことができます。

店舗詳細ページを見る

五感が全て満たされる、イタリアと同じ素材・同じ料理をプノンペンで。プノンペンのイタリア人経営のイタリアンレストラン。一軒家を改装した店内はクラシカルでありながら、襟を立てずにゆったりとできるカジュアル空間です。一期一会の心を秘めて、お客様をお出迎えします。

店舗詳細ページを見る

日本語が堪能なカンボジア人弁護士と日本人スタッフ常駐。当事務所は、カンボジア政府や警察・軍隊関係者とも強固な関係を築いており、迅速かつ適正な値段での法務支援・問題解決を支援します。​カンボジア国の問題は、カンボジア人弁護士にお任せするのが1番です。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで各国大使館御用達のフレンチレストラン「オープンワイン」。高級フレンチですがランチはコースで14ドルと日本に比べてかなり安い価格です。日本人からも人気が高く、会食や接待、友人とのお食事など、どんなシーンにもおすすめ。

店舗詳細ページを見る

「炭火横丁」はプノンペンに2店舗を構える七輪焼肉店。七輪の炭火で焼く焼肉は最高に旨い!焼肉以外にもサイドメニューとアルコールメニューが種類豊富。品質の高いお肉をリーズナブルな価格で楽しむことができます。カジュアルな食事会や飲み会におすすめ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの有名イタリアンレストラン「Terrazza(テラッツァ)」。日本人も足しげく通う有名店です。前菜、パスタ、ピザ、どれをとっても味は抜群。個室もあるので、普段使い以外にも接待・会食にもおすすめ。ランチ利用もおすすめです。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories