プノンペンのリバーサイドを解説!ナイトスポットや飲食店、観光名所まで

プノンペンのリバーサイドを解説!ナイトスポットや飲食店、観光名所まで
プノンペンのリバーサイドを解説!ナイトスポットや飲食店、観光名所まで

プノンペンのリバーサイドエリアは在住者や観光客の多くが訪れる場所です。

プノンペンの中心地を流れるトンレサップ(Tonlé Sap)川沿いには美味しいレストランやバーが密集し、食事やナイトライフを楽しむ人々の姿が見受けられます。

また、「リバーサイド」はカンボジア王宮も位置する歴史ある場所でもあります。

今回は、そんな「リバーサイド」のナイトスポットやオシャレなレストラン、観光名所などを紹介します!

 

 

リバーサイドエリアで夜遊びするならこの通り

 

「リバーサイド」で夜の娯楽を求めている方も多いのではないでしょうか。プノンペンには日系ラウンジクラブやKTV(カラオケ)、クラブなどもたくさんありますが、ガールズバー(連れ出しOK)は外国人から根強い人気を誇っています。 ガールズバーの多くは「リバーサイド」に集まっています。今回は「リバーサイド」の中でもガールズバーが密集している通りを紹介します!

 

136ストリート

夜に最も盛り上がっている通りはやはり136ストリートでしょう。在住者の間では「リバーサイド=とりあえず136ストリート」という認識があります。そのため、夜の娯楽を求めて「リバーサイド」に初めて行くという方はまずは136ストリートに行くことをおすすめします。

 

地図

 

130ストリート

続いて紹介するのが130ストリート。130ストリートは136ストリートの1本北にある通りです。136ストリートのガールズバーを回ってみて、もう少し他のお店も見てみたいなという方は、次に130ストリートに行くことをおすすめします。

 

地図

 

104ストリート

136ストリートと130ストリートから少し離れた場所にある104ストリート。104ストリートはプノンペン中央郵便局の近くにある短い通りです。104ストリートは136ストリートにあるガールズバーよりも小さいお店が軒を連ねており、また違った雰囲気です。

 

地図

 

夜遊びスポットを探している方の中で、日系ラウンジクラブについて詳しく知りたい方は下の記事を参考にしてみてください!

 

 

 

リバーサイドエリアのおすすめレストラン

 

「リバーサイド」には美味しいレストランやオシャレなバーもたくさんあります。今回は、川沿いでロマンチックなディナーを楽しめるレストランやバーを紹介します!

 

ケーウェストレストラン(Kwest Restaurant)

「ケーウェストレストラン(Kwest Restaurant)」は2002年にオープンした、リバーサイドの最も川沿いかつ王宮近くの最も目立つ場所に位置するグリル・ステーキレストランです。

産地にこだわった上質な食材によるグリル・ステーキ料理を楽しむことができます。リブアイ・ラム・サーロイン・Tボーンなどが用意されており、部位を選んだらソース、そしてサイズを200グラムと300グラムから選択します。口に入れたときに感じるお肉の柔らかさ・ジューシーさに思わず笑みがこぼれてしまいます。

 

グリル・ステーキはどれも20ドル前後(約2000円)とクオリティの高さからは考えられないほどリーズナブル。また、4つ星ホテルの中に入っているため、清潔感&スタッフのサービスも素晴らしいです。きっと行きつけのグリル・ステーキレストランとなりますよ。

 

【レストラン詳細情報】

 

レムーン・ルーフトップラウンジ(Le Moon Rooftop Lounge)

「レムーン・ルーフトップラウンジ(Le Moon Rooftop Lounge)」はリバーサイドの王宮近くに位置するルーフトップバーです。「Le Moon」のおすすめポイントは綺麗なリバービューとおしゃれなカクテル。店内からは270度の角度で、カンボジアを流れる大河メコン川とトンレサップ川を見渡すことができ、風を浴びながら、非日常の時間を過ごすことができます。

そして、「プノンペンでカクテルを飲むならLe Moon」と言っても過言ではないカクテルのクオリティと豊富なメニューが揃っています。料金は3〜5ドル(約330〜550円)弱ほど。おしゃれな空間でビールを飲みたい人にも「Le Moon」がぴったりでしょう。

 

【詳細情報】

 

カニカボート(Kanika Boat)

「Kanika Boat(カニカボート)」はトンレサップ川のクルーズサービス。クルーズディナーが1人22ドル〜(19時〜20時45分)やサンセットクルーズが1人8ドル〜(17時〜18時20分)、プノンペン周遊クルーズが1人46ドル〜(8時30分〜14時30分)などシーンに合わせて利用可能です。

「カニカボート」のオーナーはフランス人ということもあり、料理はフレンチとクメールの融合です。そのため利用客は欧米人が比較的多いです。もちろん、料理だけでなくドリンクの種類も豊富。船の発着所はヒマワリホテルの裏です。

 

日本では1人5000円〜1万円が相場のクルーズディナー。プノンペンで半額以下で贅沢クルーズを楽しめるのは嬉しいですね。

 

【レストラン詳細情報】

 

FCC / Foreign Correspondent Club

「FCC」はリバーサイドエリアの最も川沿いに位置する老舗西洋料理レストラン。オープンしたのはなんと1993年で、現在繁盛しているレストランのなかでは最も歴史があるレストランの1つでしょう。「FCC」は「Foreign Correspondent Club」の略で、昔は外国人記者たちが集う場所だったため、この名前となったそう。

 

広々とした川沿いの景色、店内を吹き抜ける心地よい風、歴史ある建物は非日常感を演出してくれます。いつもと少し変わった思い出に残る食事をとりたい方は訪れてみてはいかがですか。気になる料理は西洋料理で、予算はディナーであれば15ドル〜30ドル(約1600円〜3300円)ほど。音楽イベントも頻繁に開催されています。

 

【レストラン詳細情報】

Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

盲目マッサージ。自らも盲目のオーナーのNikaさんはこの道20年以上のマッサージのプロ。かつてJICAの支援で日本・沖縄に行き、日本人の盲目の方にマッサージを指導した経験もあります。ボディマッサージは1時間7ドルとリーズナブル。マッサージレベルは一級品。

店舗詳細ページを見る

2019年6月、プノンペンに誕生したオープンした日系キャバクラ「Club Y’S」。 在籍しているキャストは全員、日本人女性。プノンペンにいても、まるで日本で夜遊びをしているかのような気持ちにさせてくれます。

店舗詳細ページを見る

「炭火横丁」はプノンペンに2店舗を構える七輪焼肉店。七輪の炭火で焼く焼肉は最高に旨い!焼肉以外にもサイドメニューとアルコールメニューが種類豊富。品質の高いお肉をリーズナブルな価格で楽しむことができます。カジュアルな食事会や飲み会におすすめ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンにあるフランス人経営のスパ・マッサージ。このスパのオーナーはカンボジア観光省でマッサージやスパに関する助言・提言もしているほどこの世界に精通した方。プノンペンで本当に気持ちのいいスパ・マッサージを受けたいときにはココがおすすめ。

店舗詳細ページを見る

プノンペン随一のステーキハウス。アメリカンなクラシカルさと洗練されたおしゃれさが同居する店内で、「品質・焼き・カット」にこだわった極上のステーキを心ゆくまでお楽しみください。普段使いだけでなく、会食・接待、特別なお食事にもおすすめ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの有名イタリアンレストラン「Terrazza(テラッツァ)」。日本人も足しげく通う有名店です。前菜、パスタ、ピザ、どれをとっても味は抜群。個室もあるので、普段使い以外にも接待・会食にもおすすめ。ランチ利用もおすすめです。

店舗詳細ページを見る

プノンペンのフレンチレストラン&バー「Bouchon Wine Bar(ボウチョンワインバー)」。邸宅を改装した店内はカジュアルでありながら非日常空間。フレンチとワインを心行くまでお楽しみください♪

店舗詳細ページを見る

サン・インターナショナル・クリニック(サンクリ)はカンボジア初の複数の日本人専門医による多診療科クリニックです。日本人看護師も常駐しており、日本製の医薬品、日本と変わらない医療サービスを提供しています。また内視鏡など最新の医療機器と院内検査設備を導入されており、即日の治療や検査結果のご説明が可能です。 受診後、経過観察などが必要な患者様には入院サービスを提供しています。健康診断や

店舗詳細ページを見る

2013年創業、プノンペン初の本格旭川ラーメン専門店「シャングリラ(Shangri La)」。プノンペンの在住者の中では知らない人がいないと言っても過言ではないほど有名なラーメン店です。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories