カンボジアでGrab(グラブ)の使い方|料金が一律で利用者も安心

カンボジアでGrab(グラブ)の使い方|料金が一律で利用者も安心
カンボジアでGrab(グラブ)の使い方|料金が一律で利用者も安心

カンボジアを始めとする東南アジア諸国では、Grab(グラブ)というアプリを使ってタクシーに乗ることが一般的です。Grabは料金が一律に設定されているため、ドライバーから不当な価格を要求されることがありません。今回は在住者にも観光客にも人気のタクシーアプリ「Grab」の正体や使い方について紹介します!!

 

 

そもそもGrabって何?

ご存じの方も多いかもしれませんが、カンボジアではバイクで移動する人がほとんどです。そのため、バスや電車があまり普及しておらず、観光客はタクシーに乗る必要があります。そんな時に便利なのが「Grab」というアプリです。「Grab」はマレーシア発の配車サービスアプリで、主にマレーシアやベトナム、シンガポールなどの東南アジア諸国で使用されています。
 

「Grab」の他に「Uber」という配車サービスアプリも普及していました。しかし、2018年の3月にGrabがUberの東南アジア部門を買収したため、カンボジアでUberは使用することができません。
 

 

Grab登録から使い方までの手順

 

1. Grabをダウンロード→登録

 

まずはGrabのアカウント登録をしましょう。登録方法はFacebookのアカウントを用いた方法やGoogleメールを用いた方法があります。

 

2. 目的地を選ぶ

登録が完了したら、さっそくタクシーを手配です。まずは、迎えに来てほしい場所の住所や建物名を入力あるいは選択しましょう。次に乗り物のタイプ(車かバイクかトゥクトゥクか三輪車)を選びましょう。車を選択する場合、何人乗りが希望なのかを入力しましょう。

入力が完了したら緑のボタンを選択し、値段を確認した後に配車を確定します。ちなみに、「GrabPay」というボタンを押すとクレジットカードの情報を入力することができます。これをしておくと、乗車後に支払いの手間がなくなります。

 

3. マッチング→乗車


確定ボタンを押すと、自動で近くに停車しているドライバーとのマッチングが始まります。マッチングが成功したら、画面には「タクシーのおよその到着時間」「ドライバーの名前」「車両のナンバー」などが表示されます。電話やメッセージを送ることも可能です。


Grabではドライバーからカンボジア語で電話がかかってくる場合がよくあります。大抵は「もうすぐ着くよ」「あと◯分で着くよ」という内容のものです。クメール語が聞き取れない場合は「I can not speak」と伝えれば、大抵のドライバーが理解してくれます。

 

Grabのタクシーは基本的には緑色をしていますが、一般車両の場合もあります。そのため、「携帯に表示されている車両ナンバー」と同じナンバーをした車両がないか探すことも大切です。アプリに目的地の情報を入力しているので、Grabの運転手は行き先地を把握しています。しかし、大抵の運転手は念のために行き先地をもう一度尋ねてきます。カンボジア語が話せない方は、指差しなどで伝えられるように「観光マップ」や「携帯の地図画面」をあらかじめ用意しておきましょう。

 

4. 支払い

目的地についたら事前に決められていた料金を支払います。クレジットカード支払いを選択していれば、アプリ上で自動決済されるため、ドライバーにお礼を告げて降車して大丈夫です。Grabタクシーから降りる際にカンボジア語で「ありがとう」という意味の「オークン」と伝えるといいでしょう。

 

まとめ


カンボジアは観光スポットがたくさんあり、タクシーを必ず一回は使うことになると思います。そんな時に便利なGrabを利用してみてください。

※この記事に記載されている情報は2018年7月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。


関連記事

Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

「炭火横丁」はプノンペンに2店舗を構える七輪焼肉店。七輪の炭火で焼く焼肉は最高に旨い!焼肉以外にもサイドメニューとアルコールメニューが種類豊富。品質の高いお肉をリーズナブルな価格で楽しむことができます。カジュアルな食事会や飲み会におすすめ。

店舗詳細ページを見る

日本語が堪能なカンボジア人弁護士と日本人スタッフ常駐。当事務所は、カンボジア政府や警察・軍隊関係者とも強固な関係を築いており、迅速かつ適正な値段での法務支援・問題解決を支援します。​カンボジア国の問題は、カンボジア人弁護士にお任せするのが1番です。

店舗詳細ページを見る

プノンペンにある日系ホテル「東屋ホテル」の露天風呂。カンボジアでサウナと水風呂も利用できちゃいます。また、東屋ホテル宿泊者だけでなく、5ドルでビジター利用も可能。お風呂にゆっくり浸かって日々の疲れを癒すことができます。

店舗詳細ページを見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで各国大使館御用達のフレンチレストラン「オープンワイン」。高級フレンチですがランチはコースで14ドルと日本に比べてかなり安い価格です。日本人からも人気が高く、会食や接待、友人とのお食事など、どんなシーンにもおすすめ。

店舗詳細ページを見る

五感が全て満たされる、イタリアと同じ素材・同じ料理をプノンペンで。プノンペンのイタリア人経営のイタリアンレストラン。一軒家を改装した店内はクラシカルでありながら、襟を立てずにゆったりとできるカジュアル空間です。一期一会の心を秘めて、お客様をお出迎えします。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories