カンボジアの交通事情

カンボジアの交通事情
カンボジアの交通事情
交通事情
カンボジアの交通事情は劣悪です。運転者のルール遵守意識は極めて低く、交通事故が多発しています。年々、車やバイクの台数が増加しており、交通事故の発生件数も増加しています。特に、バイクドライバーの運転マナーは悪く、逆走、車線からのはみ出し、信号無視、脇見運転、バイクの3~4人乗りや蛇行運転は当たり前です。
バイクや車の運転に関しては運転手を雇うことをお勧めしますが、万が一、自ら運転する場合は細心の注意が必要です。


交通事故にあったときはどうするのか
事故にあった場合は最寄りの警察や、自動車保険に加入している場合には
保険会社へ速やかに連絡し事故処理を行うことが大切です。
交通事故の補償金額は日本と比べれば低額ですが、相手の過失が明白でありこちらには過失がない場合でも、相手が外国人と見ると高額な補償を求めてき
てトラブルになることが多々あります。自動車保険に加入していると、
保険担当者が事故現場に臨場し、警察及び相手方との必要な手続きを代
行して行うので、事故処理のトラブルを避けるためにも、可能な限り自
動車保険に加入することをお勧めします。


救急車は電話がつながらないのが当たり前!
カンボジアは救急車などのインフラがほとんど機能していません。
救急車を呼ぶ電話番号へのいたずら電話が多く、出てくれないのがほとんどです。
また、電話に出てくれたとしても救急車が到着するまでに30分〜1時間かかるのが普通です。
そのため、万が一交通事故などでけがをしたときに備え、事前に必要な処置を行ってくれる保険などに加入する事をお勧めします。
Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

日本語が堪能なカンボジア人弁護士と日本人スタッフ常駐。当事務所は、カンボジア政府や警察・軍隊関係者とも強固な関係を築いており、迅速かつ適正な値段での法務支援・問題解決を支援します。​カンボジア国の問題は、カンボジア人弁護士にお任せするのが1番です。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの日系ホテル「東屋ホテル」から、日常生活を便利にする家事代行サービスが登場。お家やオフィスの清掃、電気屋や水道管などの修繕、家事の代行など、合計6種類のサービスを利用することができます。東屋ブランドとして、安心・安全のサービスをお届けします。

店舗詳細ページを見る

プノンペンに新たにオープンした眼科「Japan Eye Hospital」。創業90周年のパリミキに根付いたDNAで監修する眼科です。院内には、日本全国に600店舗以上展開する眼鏡専門店「パリミキ・メガネ」も併設。日本語対応可能、海外旅行保険利用可能。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories