交通事情
カンボジアの交通事情は劣悪です。運転者のルール遵守意識は極めて低く、交通事故が多発しています。年々、車やバイクの台数が増加しており、交通事故の発生件数も増加しています。特に、バイクドライバーの運転マナーは悪く、逆走、車線からのはみ出し、信号無視、脇見運転、バイクの3~4人乗りや蛇行運転は当たり前です。
バイクや車の運転に関しては運転手を雇うことをお勧めしますが、万が一、自ら運転する場合は細心の注意が必要です。


交通事故にあったときはどうするのか
事故にあった場合は最寄りの警察や、自動車保険に加入している場合には
保険会社へ速やかに連絡し事故処理を行うことが大切です。
交通事故の補償金額は日本と比べれば低額ですが、相手の過失が明白でありこちらには過失がない場合でも、相手が外国人と見ると高額な補償を求めてき
てトラブルになることが多々あります。自動車保険に加入していると、
保険担当者が事故現場に臨場し、警察及び相手方との必要な手続きを代
行して行うので、事故処理のトラブルを避けるためにも、可能な限り自
動車保険に加入することをお勧めします。


救急車は電話がつながらないのが当たり前!
カンボジアは救急車などのインフラがほとんど機能していません。
救急車を呼ぶ電話番号へのいたずら電話が多く、出てくれないのがほとんどです。
また、電話に出てくれたとしても救急車が到着するまでに30分〜1時間かかるのが普通です。
そのため、万が一交通事故などでけがをしたときに備え、事前に必要な処置を行ってくれる保険などに加入する事をお勧めします。
カンボジアの交通事情

この記事を書いた人

お名前 : Poste Phnom Penh