セントラル・マーケットって知っていますか?? プノンペンには「オリンピック・マーケット」「オルセーマーケット」「ロシアンマーケット」と様々な市場がありますが、その中でも最大規模を誇っているのが「セントラル・マーケット」です。市場というとどこも同じのように感じますが、「セントラル・マーケット」の魅力はどこにあるのでしょうか?? 今回はカンボジア在住のPOSTEスタッフが写真付きで「セントラル・マーケット」の正体を紹介します!!
 

 

カンボジアで人気の市場「セントラル・マーケット」

 

セントラル・マーケットはプノンペンで最大規模といわれている市場です。建設されたのはなんと1930年代といわれており、深い歴史があります。マレーシアのクアラルンプールにも「セントラル・マーケット」というショッピングセンターがあることから混同されがちですが、特に関係はありません。


 

 

セントラル・マーケットの中をいざ調査!!


市場の外観は、真ん中にあるドームから四方に足が伸びているようなオシャレな造りになっています。

市場というと道端に果物や野菜を並べているイメージをされる方が多いかもしれません。

初めてセントラル・マーケットを見た方はその立派さにびっくりする方もいるのではないでしょうか??



セントラル・マーケットに「入り口」という入り口は特になく、軒を連ねている市場の間から簡単に入ることができます。

筆者も適当な入り口を見つけて入ってみることに。

まず初めに目に入ったのは、魚の天日干しです。


日本の干物屋さんでは魚を直射日光の下で干すのは30分〜1時間ほどで、ほとんどは日陰で干すのが一般的です。

一方、こちらのお店では1日中干しているようです......。

市場の周りはトゥクトゥクやバイクがたくさん走り回っていて空気も決して綺麗とは言えません。

衛生面を考慮すると、食べない方が無難かもしれません。

どんどん奥に進んでいくと......


野菜売り場




果物屋さん



などなど、市場らしいお店がたくさん集まっていました。

さらに奥に進んでみると......

ローカルフードを楽しむことができるお食事処があります。






さらにさらに奥に進むと......

東南アジアの市場の醍醐味ともいえる偽物ブランドのお店を発見しました!!​


こちらのお店ではノー◯フェイスのリュックを10ドル(約1000円)で販売しているそうです。



アディ◯スや◯ィラのキャップも4ドル(約400円)前後で販売されています。



女性用のかわいらしい麦わら帽子も販売されていました。


ブランド物のリュックやキャップの価格を考えると、麦わら帽子の値段は1ドル(約100円)前後かと思いきや、

市場のおばちゃんから提示された価格はなんと20ドル(約2000円)!!

値切り交渉をすれば少し安くなるのかもしれませんが、この価格はおばちゃんの手作りの努力を物語っているといえますね。

【セントラルマーケット】プノンペン最大規模の市場を写真付きで紹介

この記事を書いた人

お名前 : プノンペン生活情報サイト「ポステ」