フンセン首相、オリンピックスタジアムで治療する患者の転院を指示

フンセン首相、オリンピックスタジアムで治療する患者の転院を指示
2022年04月29日(金)13時22分 公開
フンセン首相、オリンピックスタジアムで治療する患者の転院を指示

<写真:Khmer Times>

 

28日、フンセン首相は、オリンピックスタジアムをスポーツトレーニング施設として活用するために、同スタジアムで治療を受けている新型コロナウイルス感染者をLuong Me病院またはChak Angre病院へ転院させるよう指示した。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

カンボジアは東南アジア競技大会(SEA Games)2023の開催国で、同スタジアムも会場の1つとなっている。

 

フンセン首相によると、患者の転院は、感染者数が少ないことに併せ、大会まで1年となり選手のトレーニング施設が必要であることから行われた。

また、現在新たにプレークプノウ区に約1万人収容可能な新型コロナウイルス感染者を治療するための病院を建設しており、来年初旬には完成する予定である。

さらに、現在多くのカンボジア人ががんを患っていることから、将来的にはLuong Me病院をがん治療専門の病院にすることを強調した。

 

保健省のHok Kim Cheng報道官によると、フンセン首相が感染患者の転院を指示した後、同省の職員が患者の転院準備を始めた。

同省は患者の移送と機器の整理や医療品の片付けを行うが、転院にそれほど時間はかからないという。
 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories