【もうトゥクトゥクと交渉は古い?】配車アプリ「PassApp」のご利用方法

【もうトゥクトゥクと交渉は古い?】配車アプリ「PassApp」のご利用方法
【もうトゥクトゥクと交渉は古い?】配車アプリ「PassApp」のご利用方法
プノンペン在住の方、
プノンペン内の移動手段は何ですか?
バイクの方が多いでしょうか?

ただ、
・会食でお酒を飲むと前もって分かっているとき、
・2、3人でまとまって移動するとき、
・雨がひどいとき、

今までカンボジアではトゥクトゥクを捕まえていましたよね。

ところが最近、新たに便利な配車アプリがカンボジアで普及してきています。
それが
「PassApp」



「PassApp」は従来のトゥクトゥクと比べ、いくつもメリットがあります。


・捕まえる必要がない
合図を出すも既に先客が乗っている、なんてことがなくなります。

・ドライバーと値段交渉の必要がない
要するに、ぼったくられることがありません。トゥクトゥクドライバーは乗客からできる限り多くのお金を巻き上げようと汲々としています。これは交渉制な限り仕方ないのかもしれません。しかし「PassApp」を使えばその心配は無用です。ドライバーと乗客の画面に料金が表示されます。カンボジア版Uberと認識していただければいいと思います。

・シンプルに料金が安い
わざわざトゥクトゥクを捕まえる必要がないだけではありません。ドライバーとの交渉に成功した価格よりも安く利用することができます。1ドルか2ドルくらい大して変わらないじゃないか、と思われる方もいるかもしれませんが、往復で何度も利用すればかなりお金を浮かせることができます。

プノンペンにいるとこの乗り物を頻繁に目にしませんか?


出典:http://www.khmertimeskh.com/50112781/tuk-tuk-drivers-are-losing-business-to-imported-indian-rickshaws/

PassAppとはアプリの名前。
PassAppで呼ぶことができるこちらの乗り物は
「Rickshaw(リキシャー)」と言います。

Rickshawとは英語で「人力車」と訳されます。
語源は日本語の「(人)力車」。
人力車は明治時代に日本で発明されたと言われています。
人力車の定義は、
「人を乗せ、人の力で引っ張る二輪車」
なので、PassAppの乗り物は本来の人力車ではありませんが、
とにかく「Rickshaw(リキシャー)」と言うそうです。

以下、

「Rickshaw(リキシャー)」の利用方法です。

まずPassAppをダウンロードしアプリを開きます。



自分の現在地が表示されます。
下の「Set pickup」を押します。



乗り物の選択画面が表示されます。
「Rickshaw(リキシャー)」は上から2番目にあります。
他にもタクシー、SUV(Sport Utility Vehicle)、従来のトゥクトゥクを
呼ぶことも可能です。
今回は「Rickshaw(リキシャー)」の乗り方をご説明します。



「Rickshaw(リキシャー)」を選択すると確認画面が表示されるので、
下の「Confirm booking」を押します。



近くにいるドライバーにリクエストを出します。



ドライバーが捕まると、到着するまでの時間が表示されます。
この時間はあくまで目安です。
表示時間より早くなることも、遅くなることもあります。
0分0秒になってもと到着していないこともあるので、
GPSでドライバーの位置を確認するのが一番です。



到着すると「Arriving」と表示されます。
周りを確認してみてください。
他にも何台かリキシャーが止まっている場合は、
ドライバーの顔写真を見ることができるので、
自分が呼んだドライバーかどうか確かめてみてください。

目的地に着いたらドライバーの携帯画面と自分の携帯画面に、
同額の乗車料金が表示されます。



ただPass Appもデメリットがゼロなわけではありません。


・3、4人以上での移動には向いていない
「Rickshaw(リキシャー)」は二人乗り。
最大でも3人までしか乗ることができません。
大人数での移動には向いていません。

渋滞している時には来るのに時間がかかるときがある
道が渋滞している時には10分ほど待たなくてはならないときもあります。
目的地が近くでお急ぎの場合は、道ばたのトゥクトゥクが良いかもしれません。



とは言え、従来のトゥクトゥク以外にもPassAppという選択肢を持っているだけで、
生活が格段に便利になるのではないでしょうか。

現実、PassAppの台頭によりトゥクトゥクが淘汰されているようです。
関連ニュース記事はこちら
「トゥクトゥクドライバー、PassAppの台頭により失業へ」>>
Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンの日系ホテル。東屋ホテルでは安い価格で異国を感じさせない空間を提供しています。また、東屋では疲れを癒す露天風呂やマッサージ、1日の活力となる和朝食が楽しめます。受付には日本語で対応してくれるスタッフが常駐しているのでカンボジアでの生活も安心です。

店舗詳細ページを見る

カンボジア国内の全25州に170を超える支店と300台以上のATM(日本語対応)を設置しているサタパナ銀行。日本語対応のジャパンデスクスタッフも常駐しており、口座開設やQRペイ、モバイルアプリの使い方など、気軽にお問い合わせすることができます。

店舗詳細ページを見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

ボンケンコンにお店を構える「鮨丼丸」は、お店の前の大きい鳥居が目印の日本食レストランです。 経験30年以上の日本人シェフによる本格的な和食がリーズナブルに楽むことができます。 また、デリバリーも受け付けているため、ご自宅でも美味しい日本食が楽しめます。

店舗詳細ページを見る

SBIリーホーバンクは、ネット金融大手SBIホールディングスの連結対象子会社です。2020年3月に新しい日系商業銀行として営業を開始しました。ノロドム通り沿い、独立記念記念塔のすぐ側に位置するチャムカモン支店には日本人スタッフが常勤しております。

店舗詳細ページを見る

サン・インターナショナル・クリニックプノンペンの中心地にある日系病院。日本人専門医による多診科診療の病院です。日本人医師と看護師が常駐しているため、ご予約・受付から診察まで、全て日本語での対応が可能。各種旅行保険(キャッシュレス )対応。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories