2019年はカンボジアでデング熱が大流行|病院での早めの受診がおすすめ

2019年はカンボジアでデング熱が大流行|病院での早めの受診がおすすめ
2019年はカンボジアでデング熱が大流行|病院での早めの受診がおすすめ

2019年、カンボジアでデング熱が大流行しています。

カンボジア初の日本人開業医、ケンクリニック(Ken Clinic)が2019年のカンボジアにおけるデング熱の流行状況を解説します。

 

 

デング熱の大流行

 

2018年はケンクリニックがカンボジアで開業して以来、最もデング熱が流行した年であったが、2019年はそれ以上の勢いで拡大しています。

東南アジア各国で、2018年同時期に比べて、2019年のデング熱発症件数は2~3倍だと言われています。

 

 

デング熱の症状

 

デング熱は通常、39℃前後の高熱、頭痛、関節痛または筋肉痛で発症し、熱が下がる頃に発疹を伴う(発疹が出るのは患者の約50%)というのが典型例です。

 

しかし、これだけ数が多いと実にいろんなバリエーションがあります。

熱はせいぜい37.5℃の微熱しか出なかったり、頭痛や関節痛がごくわずかであったり、はじめから発疹が出ていたり、という例もあります。

そのような患者さんは「食欲がない」、「フラフラする」、「とにかく身体がだるい」などの症状で受診し、血液検査でデング熱であるということが判明することが多いです。

中には、熱も痛みも全くないという例もあるといいます。

 

 

まとめ

 

これからまだまだ雨季は続くので、2019年はこの10年間でデング熱が最も流行する年になるかもしれないです。

死亡例も増えると思われます。

熱や身体の痛みがなくても、上記のような症状があれば、デング熱を疑って医療機関を受診することをおすすめします。

 

「ケンクリニック」詳細情報

  • 住所:No.14A, St.370, Sangkat Boeng Keng Kang 1, Phnom Penh
  • 電話番号:023-223843/012-865-039(時間外)
  • 診療科:一般総合診療、外科、内科、小児科、予防接種(予約)、健康診断
  • 診療時間:
    月~土:8:30~13:00/15:00~19:00、日祭日:休診
  • その他:
    ​2010年2月オープンのカンボジア初の日本人開業医。
    日本人医師が診察。
    大手の海外旅行保険取り扱い可能。
    柔道整復師や鍼灸師による治療も受けられます。
  • 公式HP:http://www.kenclinic-cambodia.com/
Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンに新たにオープンした眼科「Japan Eye Hospital」。創業90周年のパリミキに根付いたDNAで監修する眼科です。院内には、日本全国に600店舗以上展開する眼鏡専門店「パリミキ・メガネ」も併設。日本語対応可能、海外旅行保険利用可能。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの日系ホテル「東屋ホテル」から、日常生活を便利にする家事代行サービスが登場。お家やオフィスの清掃、電気屋や水道管などの修繕、家事の代行など、合計6種類のサービスを利用することができます。東屋ブランドとして、安心・安全のサービスをお届けします。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories