カンボジア語(クメール語)で挨拶の仕方|合掌するマナーも併せて紹介

カンボジア語(クメール語)で挨拶の仕方|合掌するマナーも併せて紹介
カンボジア語(クメール語)で挨拶の仕方|合掌するマナーも併せて紹介

カンボジア語(クメール語)で挨拶したい時はどうすれば良いのでしょうか?? 今回はカンボジア語であいさつする時のルールや簡単な表現をおさえておきましょう。


 

カンボジアで挨拶する時のルール


カンボジアで挨拶をする時は、手を合掌するのがマナーです。年下や友達に対しては胸のあたりで手をあわせます(ちょうど、いただきますのようなポーズになります)。年上の人に対しては、顔の前で手をあわせます。ちなみに、国王に対しては、頭の上で手をあわせます。

 

カンボジア語の挨拶の種類

 
  • はじめまして:チョムリアップスーオ
  • こんにちは:スォスディ
  • ごめんなさい,すみません:ソムトス
  • ありがとう:オークン
  • さようなら:チュムリアップリア
  • こんばんは:サイヨンスォスデイ
  • お休みなさい:リアトレイスォスデイ
  • また明日:チュオップクネアトゥガイスエ
 

まとめ


カンボジアでは都市部だと英語が通じる場所も多いですが、やはり現地の言葉であるクメール語を少しでも話すことができると、
との距離はとても縮まります。カンボジアに旅行する予定の方はぜひ、使い方を覚えてみてくださいね!!


関連記事
Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

日本語が堪能なカンボジア人弁護士と日本人スタッフ常駐。当事務所は、カンボジア政府や警察・軍隊関係者とも強固な関係を築いており、迅速かつ適正な値段での法務支援・問題解決を支援します。​カンボジア国の問題は、カンボジア人弁護士にお任せするのが1番です。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで各国大使館御用達のフレンチレストラン「オープンワイン」。高級フレンチですがランチはコースで14ドルと日本に比べてかなり安い価格です。日本人からも人気が高く、会食や接待、友人とのお食事など、どんなシーンにもおすすめ。

店舗詳細ページを見る

「炭火横丁」はプノンペンに2店舗を構える七輪焼肉店。七輪の炭火で焼く焼肉は最高に旨い!焼肉以外にもサイドメニューとアルコールメニューが種類豊富。品質の高いお肉をリーズナブルな価格で楽しむことができます。カジュアルな食事会や飲み会におすすめ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの有名イタリアンレストラン「Terrazza(テラッツァ)」。日本人も足しげく通う有名店です。前菜、パスタ、ピザ、どれをとっても味は抜群。個室もあるので、普段使い以外にも接待・会食にもおすすめ。ランチ利用もおすすめです。

店舗詳細ページを見る

プノンペンにある日系ホテル「東屋ホテル」の露天風呂。カンボジアでサウナと水風呂も利用できちゃいます。また、東屋ホテル宿泊者だけでなく、5ドルでビジター利用も可能。お風呂にゆっくり浸かって日々の疲れを癒すことができます。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories