カンボジアで銀行開設するにはどうするの!? 金利や利息についても解説

カンボジアで銀行開設するにはどうするの!?  金利や利息についても解説
カンボジアで銀行開設するにはどうするの!?  金利や利息についても解説

カンボジアで銀行口座開設はどのように行えばいいのでしょうか? カンボジアに移住する方や長期滞在する方にとって、手元に高額な現金を持っておくより、銀行で管理をした方が安心です。今回は口座開設の方法や銀行の金利について紹介します。




 

銀行口座開設のメリット

 

現在経済発展中で今後更なる成長が見込めるカンボジアで銀行口座を開設するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

金利が高い

カンボジアの金利は銀行によって異なりますが2018年の米ドル建て定期預金の相場は約4~5%です。つまり、カンボジアの銀行に1万米ドルを年利5%の定期預金として預けておくだけで1年後には1万500米ドルになり、約500米ドル分の利息を受け取ることができるのです。日本の定期預金の金利相場は0.01%です。日本の金利と比較するといかにカンボジアの金利が高いかがわかります。

 

米ドル建て預金ができる

カンボジアの通貨はリエルですが、米ドルで預金を行うことができます。理由としては米ドルがカンボジアで日常的に流通していて、銀行からの融資も米ドル建てが主流であるからです。米ドル建てで預金をできるのはカンボジアで口座開設をする大きな利点です。
 

 

日本~カンボジアの国際送金も利用できる

カンボジアの銀行口座があれば、日本からカンボジアへ、またカンボジア
から日本への資金移動が可能となります。またカンボジアでは、外国為替
法により「外為取引には一切の制限を加えない」とされている他、投資法
により国外への送金も保証されており、送金に対する規制は多くありませ
ん。

 

 

銀行口座開設のデメリット

 

日本より圧倒的に金利が高く、米ドル建てで預金ができるカンボジアの銀行口座ですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

破綻した場合の保証がない

日本の銀行の場合、預金保険制度による元本保証があります。しかし、カンボジアの銀行の場合は保証がありません。つまり、カンボジアの銀行が破綻すると預けていたお金は返ってこないということです。保証がないことを踏まえたうえで預金を行うようにしましょう。

 

口座の休眠(凍結)に注意

銀行口座を開設した後、入出金が長期間にわたって何も行われない場合、
口座が休眠状態になることがあります。365日間取引がない場合に休眠
口座として扱う銀行が多い模様です。またその際に手数料が取られてしま
ったり、取引に制限が出てしまうケースもあります。せっかく開設したカ
ンボジアの銀行口座が休眠状態にならないように、放置することのないよ
うに注意しましょう。


 

銀行口座開設の方法

 

 

実際にカンボジアで銀行口座を開設する場合はどのような手順で行えばいいのでしょうか? ここではカンボジア居住者はもちろん非居住者でも口座開設がしやすいプノンペン商業銀行を例に口座開設の手順や必要なものを説明します。

 

必要書類をそろえる

プノンペン商業銀行で口座開設をする際に必要なものは、「勤務先確認書類」「パスポート(有効期限が90日以上残っているもの)」「最低預金額(普通預金は5米ドル〜、定期預金は500米ドル〜」の3つです。勤務先確認書類は雇用契約書や在職証明書など公的に発行されたものを用意しましょう。もしくは、勤務先名称が明
記されたものであれば社会保険証でも代用できますが、名刺では確認できませんのでご注意ください。

 

現地の銀行窓口で開設手続き

プノンペン商業銀行のオルセー支店にはジャパンデスクがあり、日本語対応が可能です。カンボジア語や英語に不安がある方におすすめです。実際に銀行窓口で口座を開設する際は、日本語が通じるので書類記入も問題なくできます。手続きは約1時間で完了し、口座開設を行うことができます。営業時間は平日午前8時~午後4時、土曜午前8時~12時です。

 

定期預金

普通預金を開設する場合に必要な最低預金額は5米ドルですが、定期預金を開設する場合は500米ドル以上が最低預金額として必要です。口座開設の際に定期預金の旨を伝えるか、メールで既存の定期預金口座に振替できるサービスもあります。
 

カード作成

 デビットカード、クレジットカードの発行は即日ではできません。発行までに1週間ほどかかります。カードが発行された際に、再度窓口に行って受け取らなければなりません。カードを発行する場合はそれを考慮したうえで予定を立てるようにしましょう。

 

カンボジア主要銀行一覧

 

 

カンボジアにはプノンペン商業銀行だけでなく様々な銀行があります。銀行によっては居住者でないと口座開設ができなかったり、日本人支店がなく英語かカンボジア語で口座開設をしなければならなかったりと条件はさまざまです。インターネットバンキングが利用できるかどうかも銀行によって異なります。

 

アクレダ銀行(ACLEDA Bank)

アクレダ銀行はカンボジア最大手銀行でカンボジアで唯一、ASEAN銀行ランキングのトップ100に入っている銀行です。口座開設にはパスポートの残余有効期間が6カ月以上必要です。
 

・銀行詳細

住所: Preah Monivong Blvd (93), Phnom Penh, Cambodia
電話:023 994 444
営業時間:7:00~16:00(平日)、7:00~11:30(土)
 

カナディア銀行(CANADIA Bank)

中国系カナダ人とカンボジア国立銀行によって開設された銀行です。口座開設には最低でも1年以上のビザが必要です。また、1年以上取引がない場合は口座が凍結させられるので注意が必要です。
 

・銀行詳細

住所:Samdach Preah Sihanouk Boulevard, Phnom Penh, Cambodia
電話: +855 23 218 378
営業時間:8:00~16:00
 

プノンペン商業銀行(Phnom Penh Commercial Bank)

プノンペン商業銀行はカンボジアの首都プノンペンに11支店、地方都市に7支店ある銀行です。プノンペンのオルセー支店では日本語対応のジャパンデスクが常設されているので居住者・非居住者に関わらず日本人の利用者が多い点が特徴です。
 

・銀行詳細(ジャパンデスク)

住所:Preah Monivong Blvd (93), Phnom Penh, Cambodia
ジャパンデスク直通電話:+855-61-444-608
営業時間:8:00~16:00(平日)、8:00~12:00(土)
 

ANZロイヤル銀行(Australia and New Zealand Royal Bank)

ANZロイヤル銀行はカンボジアの大手銀行の1つです。インターネットバンキングに対応しており、プノンペンやシェムリアップにATMが多数あります。しかし、外国人の銀行口座開設条件は厳しくカンボジアでの労働許可証を持っている必要があります。
 

・銀行詳細

住所:Samdach Sang Neayok Srey St. (67), Phnom Penh, Cambodia​
電話:+855 23 999 000
営業時間:8:00~16:00(平日)、8:00~12:00(土)

 

ABA銀行(Advanced Bank of Asia)

ABA銀行はプノンペンやシェムリアップなどあらゆるところにATMが設置してあります。ABA銀行は移住者でなくても銀行口座を開設することができます。インターネットバンキングにも対応しています。
 

・銀行詳細

住所: No. 148, Preah Sihanouk Blvd. Sangkat Boeung Keng Kang I, Khan Chamkamorn, Phnom Penh, Cambodia
電話:+855 98 203 001
営業時間:8:00~16:00(平日)、8:00~11:00(土)


 

まとめ

 

カンボジアの銀行では米ドル建てで預金ができ、日本に比べて非常に高金利です。海外であっても簡単に口座を作れる銀行もあるのでカンボジア居住者や長期滞在者だけでなく非居住者にとっても手軽に便利に利用できます。ネットバンキングができなかったり保証がなかったりと不便な面もありますが、高額な現金を手元におくことが不安な場合は銀行口座開設を考えてみてはいかがでしょうか。
 

※この記事に記載されている情報は2018年11月のものです。本記事に記載されている情報は予告なく変更される場合がございますので、ご了承ください。
 

関連記事

Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

2013年創業、プノンペン初の本格旭川ラーメン専門店「シャングリラ(Shangri La)」。プノンペンの在住者の中では知らない人がいないと言っても過言ではないほど有名なラーメン店です。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの有名イタリアンレストラン「Terrazza(テラッツァ)」。日本人も足しげく通う有名店です。前菜、パスタ、ピザ、どれをとっても味は抜群。個室もあるので、普段使い以外にも接待・会食にもおすすめ。ランチ利用もおすすめです。

店舗詳細ページを見る

ケンクリニックはカンボジア初の日本人開業医です。2010年2月にオープンし長い実績があります。外科・内科・小児科・その他対応。レントゲン、超音波検査、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、乳がん検診(触診+超音波)、血液・尿検査も可能。健康診断も受け付けています。日本製の薬を処方。また、キズを「痛みが少なく」「はやく」「きれいに」治す「湿潤療法(うるおい療法)」も受診できます。バイク

店舗詳細ページを見る

プノンペンで創作フレンチ料理やオリジナルカクテル、ワインを楽しむことができるフレンチ&バー。レンガ造りがおしゃれな店内はロフトスタイルで、演出しており、広々とした空間に上品な装飾が施されています。

店舗詳細ページを見る

盲目マッサージ。自らも盲目のオーナーのNikaさんはこの道20年以上のマッサージのプロ。かつてJICAの支援で日本・沖縄に行き、日本人の盲目の方にマッサージを指導した経験もあります。ボディマッサージは1時間7ドルとリーズナブル。マッサージレベルは一級品。

店舗詳細ページを見る

五感が全て満たされる、イタリアと同じ素材・同じ料理をプノンペンで。プノンペンのイタリア人経営のイタリアンレストラン。一軒家を改装した店内はクラシカルでありながら、襟を立てずにゆったりとできるカジュアル空間です。一期一会の心を秘めて、お客様をお出迎えします。

店舗詳細ページを見る

プノンペンにあるフランス人経営のスパ・マッサージ。このスパのオーナーはカンボジア観光省でマッサージやスパに関する助言・提言もしているほどこの世界に精通した方。プノンペンで本当に気持ちのいいスパ・マッサージを受けたいときにはココがおすすめ。

店舗詳細ページを見る

サン・インターナショナル・クリニック(サンクリ)はカンボジア初の複数の日本人専門医による多診療科クリニックです。日本人看護師も常駐しており、日本製の医薬品、日本と変わらない医療サービスを提供しています。また内視鏡など最新の医療機器と院内検査設備を導入されており、即日の治療や検査結果のご説明が可能です。 受診後、経過観察などが必要な患者様には入院サービスを提供しています。健康診断や

店舗詳細ページを見る

日本語が堪能なカンボジア人弁護士と日本人スタッフ常駐。当事務所は、カンボジア政府や警察・軍隊関係者とも強固な関係を築いており、迅速かつ適正な値段での法務支援・問題解決を支援します。​カンボジア国の問題は、カンボジア人弁護士にお任せするのが1番です。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories