カンボジア語でおはようは何ていうの??【動画付き】

カンボジア語でおはようは何ていうの??【動画付き】
カンボジア語でおはようは何ていうの??【動画付き】

カンボジア語で「おはよう」は「A Ron Suo Sdey(ア・ロン・スー・スデイ)」といいます。

「A Ron Suo Sdey」はカタカナ読みをすると、「ア・ロン・スー・スデイ」になりますが、日本人が発音する場合は「アルーンスースデイ」と発音した方が伝わりやすいです。

 

一度動画で発音を確認しておきましょう。

 

 

ホテルやカフェのスタッフに「Good morning」と言っても伝わりますが、やはり、現地の言葉を使うとそれだけ心の距離が近くなります。

皆さんもカンボジアに行った際はぜひ「アルーンスースデイ」と周りのカンボジア人に伝えてみてくださいね!!

 

関連記事

Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの老舗ラウンジ「ラウンジ琴」。日本のスナックのような雰囲気です。日本人ママやカンボジア人の女の子とゆったりとお酒を楽しむことができます。カウンター席。ボックス席、VIP席があるので、様々なシーンにおすすめです。

店舗詳細ページを見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

プノンペンで日本人女将が切り盛りする日本食レストラン「真家」。女将の井上さんが笑顔でお出迎えしてくれます。どことなく落ち着く店内と、家庭的な味わいのお食事。家のように寛げるひとときを過ごすことができます。

店舗詳細ページを見る

五感が全て満たされる、イタリアと同じ素材・同じ料理をプノンペンで。プノンペンのイタリア人経営のイタリアンレストラン。一軒家を改装した店内はクラシカルでありながら、襟を立てずにゆったりとできるカジュアル空間です。一期一会の心を秘めて、お客様をお出迎えします。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories