プノンペンで中華レストランを探している方も多いのではないでしょうか。カンボジアには美味しい中華レストランが多くあります。というのも、中国人はカンボジアにいる外国人の中で最も割合が多いということもあり、カンボジアは中国文化の影響を強く受けているのです。特に首都プノンペンでは中国企業が次々に高層ビルの建設工事をおこなっており、街を歩けば中国人を必ず目にするほどです。そのため、プノンペンでは比較的安価で本格的な味わいの中華料理を楽しむことができます。今回はどこが美味しいのか分からない方向けに、プノンペンにあるおすすめの中華レストランを紹介します!!

 

 

フマンロウ・レストラン(Fumanlou Restaurant、福满楼私房菜)




「フマンロウ(Fumanlou、福满楼私房菜)」はトゥールトンポン(Toul Tom Pong)エリアの466ストリート沿いに位置する中華レストランです。 以前は「マンハンロウ(Man Han Lou)」というレストランでしたが、 2018年にメニューや内装を外国人向けに大幅に変更しました。 



「フマンロウ」は選りすぐりの高級食材を使用しており中でも海鮮や牛肉は他のレストランではお目にかかれないものを多く用意しています。「フマンロウ」のオーナーはフードサプライヤーも経営しており、ナガワールド内の中華レストランや日本料理店など様々なレストランに卸しています。 高級感漂う豪華VIPルームも複数用意されているのでビジネスシーンにも最適です。5ドル(約550円)ほどのリーズナブルな料理から80ドル(約8800円)の高級海鮮料理まで幅広く用意されています。有数のフードサプライヤーが経営する、味・新鮮さにこだわり抜いた絶品中華を食べたい方は「フマンロウ」へ。



【レストラン詳細情報】

 

 

イーシャン(Yi Xian、意先餐厅)


「イーシャン(Yi Xian、意先餐厅)」はモニボン(Monivong)通り沿いに位置する中華レストランです。店内には中華レストランらしく円卓が多くあり、広々としています。一見、少し高級なレストランかと思いますが、メニューは餃子や小籠包、焼売(しゅうまい)が2〜3ドル(約220〜330円)とリーズナブル。しかも、料理はボリュームたっぷりで、2、3人でシェアしても十分満足できます。コストパフォーマンスの良さが突出しています。また、嬉しいことに、用意されているお皿やお箸がプラスチックケースに包まれており、日本人は気にしがちな衛生面も問題なしです。

 

【レストラン詳細情報】

 

 

中国ラーメン(中國拉麺、Chinese Noodle)


「中國拉麺(Chinese Noodle、中国ラーメン)」はモニボン(Monivong)通り沿いに位置するローカル中華レストランです。座席は室内と屋外から選ぶことができます。プノンペン在住が長い人であれば知らない人はいないであろう有名店で、23時などの時間帯でも多くの在住者で賑わっています。店名の通り、中国式ラーメンを提供しています。日本のラーメンはスープに重きをおいているのに対し、中国式のラーメンは麺に重きを置いており、手延べでモチモチとした感触のラーメンを楽しむことができます。ちなみに、中国語で「拉」という漢字は「引っ張る」「引き伸ばす」という意味があります。

 

「中國拉麺」はそんな中国式ラーメンを2〜4ドル(約220〜440円)で提供しています。運が良ければスタッフがその場で麺を伸ばすシーンを目にできます。もちろん、その他定番中華メニューも幅広く用意されています。安く美味しく中華料理を食べたい方はまずは「中國拉麺」へ。

 

【レストラン詳細情報】

 

 

フルズ(Fu Lu Zu)

 

「フルズ(Fu Lu Zu)」は5つ星ホテルであるソフィテルホテル(Sofitel Hotel)の中に入っている高級中華レストランです。四川省出身で、中国国内を渡り歩いて修行を積んだ中国人シェフが外国人向け絶品中華料理を提供してくれます。料理の料金は麻婆豆腐8ドル(約880円)〜海鮮料理30ドル(約3300円)前後です。

 

店内は世界的に有名な5つ星ホテルであるだけあって、高級で上品な雰囲気です。ローカルレストランとは対をなしています。ビジター利用ももちろん可能なので、本格中華で贅沢なひと時を送りたい人は「フルズ」レストランがおすすめです。

 

【レストラン詳細情報】

 

 

鹿港小鎮(Lu kang Restaurant)


「鹿港小鎮」はプノンペンの中心地を少し離れた西側、カンプチアクロム(Kampuchea Krom)通り方面に位置する中華・台湾料理レストランです。「鹿港小鎮」の定番メニューは羽根つき餃子です。日本でも楽しまれている薄皮でパリパリの羽根つき餃子がプノンペンではなんと2ドル(約220円)ほどで食べることができます。味は非常に美味しく、離れた場所からわざわざ「鹿港小鎮」を目当てに来る人もいるほど。お皿一面に広がるその羽根つき餃子は綺麗で、ついカメラを向けたくなる絵です。

 

 

【レストラン詳細情報】

プノンペンのおすすめ中華レストラン! ローカルから高級レストランまで

この記事を書いた人

お名前 : プノンペン情報生活サイト「ポステ」