カンボジア、スーパーマーケットでのビニール袋が有料に

カンボジア、スーパーマーケットでのビニール袋が有料に
カンボジア、スーパーマーケットでのビニール袋が有料に


廃棄物の削減と環境保護のための政府政策の一環として、スーパーマーケットでのビニール袋が有料化される。

環境省は、ビニール袋の輸入を制限し、ビニール袋を有料化することで、人々に対し再利用可能な買い物袋(エコバック)の利用を促す狙いだ。

また今回の通達は、民間部門がビニール袋のリサイクルを推進し、もしくは生分解性プラスチックを使用したビニール袋の生産を促進する目的がある。

環境省環境保護局のナレス局長は昨日、ビニール袋の消費量の増加に対処するためにこの通達が発表されたとの述べた。

また同氏は、政府がビニール袋の輸入を禁止してるわけではないが、輸入量を制限し、輸入関税を引き上げると述べた。



「紙袋などの自然環境に優しいリサイクル可能な素材の利用を奨励したい」

ナレス氏によると、現段階でビニール袋の有料化が実施されるのはスーパーマーケットだけだという。

間もなく閣僚関係者が価格設定を決定するためにスーパーマーケットオーナーらとの調整のもとビニール袋の有料化の実施を開始し、2020年までに全国でビニール袋の有料化を目指している。

プノンペン在住のソフィア氏は、ビニール袋の有料化を支持した。 「買い物に出ると、私は布のバッグを持っていく」と彼女は述べた。

欧州連合(EU)とACRA財団によると、プノンペンでは1日に約1,000万のビニール袋が使用されている。また、カンボジアの平均都市部で見ても、毎年2,000を超えるビニール袋が使用されており、EUや中国の平均消費量の10倍だ。

http://www.khmertimeskh.com/


ドンドンダウンでiPhone8が当たるチャンス!
どうやったらiPhone8当たるの??>>>

Line Banner

ホットニュース

Choose Classified categories