シアヌークビルで麻薬密造 外国人5人逮捕

  シアヌークビルで麻薬密造 外国人5人逮捕
2016年12月28日 00時00分 公開
  シアヌークビルで麻薬密造 外国人5人逮捕

土曜日シアヌークビルの二か所で警察による家宅捜索が実施され、薬物の生、販売をしたとして外国人5人が逮捕された。県警のスン・ソファット氏は、「警察はMDMAを含む数百の錠剤、数百グラム粉、薬物の生産に使用されるとみられる器具を押収した。」とコメントした。
 
シアヌークビルの第二自治区で最初の家宅捜索が行われた。その結果、ウクライナ国籍のヴォルディミィール・メリンク容疑者(27歳)、チェコ国籍のレンカ・ヴォルコバ容疑者(26歳)、フィンランド国籍のハンナ・シルキア容疑者(28歳)が逮捕された。 シアヌークビル第四自治区で2つめのの家宅捜索が行わ、アメリカ国籍のミカイル・グラフマン容疑者(52歳)、ロシア国籍のエルミラ・ムッカメティアノヴァ容疑者(30歳)が逮捕された。
 
ソファット氏によるとアメリカ国籍のグラフマン容疑者が二つの場所を借りており、「エクスタシー」をはじめとするMDMAが押収されたという。容疑者らによると、薬はカンボジアの別の島々にも供給されていたそうだ。
「押収した錠剤がMDMAであることは確認した。しかし、他の物質が麻薬であるかどうかの確認はまだできない」とソファット氏は語った。

昨日午後まで通訳がいないことが理由で5人の容疑者に対する取り調べを行うことができていない。ソファット氏によると彼らは薬物生産と販売の罪に問われることになるという。
 phnompenhpost.com

 
[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
Line Banner

ホットニュース

Choose Classified categories