6日、プノンペン市裁判所はカンボジア国内での販売目的で、ラオスからストゥントレン州に薬物約40キロを密輸したと見られる外国人4人を起訴した。


プノンペン市裁判所のSok Chea書記官は、起訴された4人をYun Lianfu被告(51)、Choi Kalin被告(43)、Lau Chunkin被告(40)、Feng Yong Chao被告(48)だと明らかにした。


同書記官によると、Yun被告、Choi被告、Lau被告は中国出身で、Feng被告は台湾出身だという。


同書記官は、4人全員が終身刑の適用される可能性のある麻薬所持と密売の罪で起訴されたと述べた。 被告らはいずれも捜査判事と対峙した後、公判前拘留所に移送された。


6日、内務省の薬物対策局のLoeuk Vannak局長は薬物はプノンペンで販売される予定だったと述べた。


Yun容疑者はChamkar Mon区の自宅で逮捕されたと同局長述べた。


覆面警官にYun容疑者が麻薬を販売したことから事件は判明したという。


「Yun容疑者は組織のリーダーだった。Tonle Bassac自治区にある容疑者の自宅を捜査した後、逮捕に至った」と同局長は語った。

出典:KHMER TIMES

 

関連記事