プノンペンでレストランをお探しの方、プノンペンにはカンボジア料理やイタリアン、フレンチと様々なレストランが数多くありますよね。価格帯も安いお店から高いお店まで様々です。中には東京で食べたら高いものを安く食べられるお店もプノンペンにはたくさんあります。そのためなかなかレストランを決められない人もいると思います。そこで今回はプノンペンでおすすめのレストランをご紹介します!
 

クメール料理

Labaab Restaurant(ラバアブ・レストラン)


「Labaab Restaurant」はバタナックタワー近くに位置するクメール料理(カンボジア料理)、メコン料理レストランです。お店の入り口は狭い階段を上がっていって3階にあります。階段は少し分かりづらいかもしれませんが、頭上にある黄色い「Labaab Restaurant」の看板が目印です。

 

「Labaab Restaurant」の特徴は外観と店内の雰囲気の大きなギャップです。お店のある3階までのぼるときの階段はお世辞にも綺麗とは言えませんが、店内はお洒落で、入り口から足を踏み入れたときの感想が店内に入る前の期待値を大幅に上回り、度肝を抜かれることでしょう。料理の味もとても美味しく、癖が少ないです。外国人向けに味にこだわった本格クメール料理を探している方は「Labaab Restaurant」に行けば間違いないでしょう。料理一つ一つの値段は4ドル〜7ドルほどです。

 

【レストラン詳細情報】

 

Phka Slaa Restaurant(フカスラ・レストラン)


 

「Phka Slaa Restaurant」は王宮近くの交差点という好立地です。オープンな空間でカジュアルにクメール料理(カンボジア料理)を楽しめます。ワインの種類も豊富なのでお酒好きでクメール料理レストランをお探しの方にはぴったりです。おすすめは魚と鍋料理です。一品一品の値段は6〜7ドル前後です。鍋は18ドルとなっていて複数人で行ってみんなでをつっつくのがおすすめです。ハイネケンのドラフトビールもプノンペンでは珍しく用意されているので、様々な楽しみ方ができるお店です。

 

【レストラン詳細情報】

 

クラヤ・アンコール・レストラン(Kraya Angkor Restaurant)

 

 

「Kraya」はボンケンコンエリアの63ストリート沿いにあるクメール料理レストランです。 「Kraya」は、プノンペンではまず味わうことのできないカンボジアの伝統的な調理方法を数十年前から受け継いだクメール料理を提供しています。オーナーは内戦の影響でプノンペンでは失われた伝統的調理法を、地方を回って習得しました。伝統を保ちつつも時代の潮流に合わせ、また外国人にも親しみやすい味付けを追究し、その調理法はCNNがインタビューに駆けつけるほどプノンペンではまれのようです。 またカンボジアの王族にも食事を送り届けています。各国国際機関の職員も会食に利用する隠れ名店です。 フランス産の有名ワインも用意されていて、グラス一杯5ドルほどです。

 

 

【レストラン詳細情報】

・住所:60BEo, Preah Trasak Paem St. (63), Phnom Penh
・電話:017 393 982
・営業時間:10:00〜22:00
・HP:https://poste-kh.com/kraya-angkor

 

マリスレストラン(Malis Restaurant)

「マリス」はプノンペンで有名なケーマ(Khema)レストランやトパズ(Topaz)レストランと同じタリアス(Thalias)グループの1つです。在住歴が長い人であれば知らない人はいないであろう老舗クメール料理レストランです。入り口を入ると目に入るカンボジアの伝統的な石像が印象的です。「マリス」は、店外から眺めたときにはレストランとは見えないような豪華さで、接待に利用する駐在員が多いです。そのため、一品料理の値段が10ドル弱〜と高級価格になっています。外国人向けの味付けとなっているので、せっかくカンボジアに来たんだから絶対外さないクメール料理を食べたい、という人は、少し値段は張りますがまずは「マリス」に行くべきでしょう。8ドルのリーズナブルな朝食セットメニューも用意されています。

 

【レストラン詳細情報】

・住所:136 Preah Norodom Blvd (41), Phnom Penh 12301
・電話:023 221 022
・営業時間:6:00〜22:00

 

クラバンレストラン(Kravanh Restaurant)

「クラバン」はプノンペン内に2店舗構えている伝統的なクメール料理レストランで、場所は独立記念塔近くとトゥールトンポン(Toul Tom Pong)エリアです。独立記念塔店には8人ほどが入ることができるVIPルームも用意されているので、ビジネスミーティングなどでも利用可能です。「クラバン」には、クメール料理店にしては珍しく、ランチセットメニューがあります。時間は平日限定で12時〜15時までです。セットは2タイプあり、料金は8ドルと13ドルです。店舗ごとにメンバーズカードを導入していて、2回目の利用で10%オフになります。料理の味が美味しいだけでなく、日本人にとって嬉しいシステムがあるのも特徴の一つです。

 

【独立記念塔店詳細情報】

・住所:112 Samdach Sothearos Blvd (3), Phnom Penh
・電話:012 539 977
・営業時間:10:00〜22:00

・FB:https://www.facebook.com/Kravanhsb/

 

【トゥールトンポン店詳細情報】

・住所:No.67, Street 450,Tuol Tum Poung, Phnom Penh
・電話:012 319 111
・営業時間:10:30〜21:30

・FB:https://www.facebook.com/kravanhTTP/

 

Khmer Surin Restaurant(クメールスリンレストラン)

「Khmer Surin Restaurant」はボンケンコンエリアに位置しています。特筆すべきは外観やお店の造りです。緑に包まれた入り口をくぐり抜けると、プノンペンの喧噪とは別世界が広がっています。赤、ピンク、緑を基調とした落ち着きのある空間で、「クメール料理を食べている感」が味わうことができます。小さな川や丁寧に切りそろえられた木々があり、一種のエンタメ施設のような印象的な造りです。雰囲気の観点で「クメール料理レストラン」を探している方は迷わず「Khmer Surin Restaurant」へ。広々した個室も用意されているので、大人数での利用にも最適です。一品料理の値段は8ドル前後と外国人向け価格です。

 


【レストラン詳細情報】

住所:House #9 57, Phnom Penh
営業時間::10:00〜22:00
電話番号: 855 12 887 320

FB:https://www.facebook.com/pages/Khmer-Surin-Restaurant/178730742146078

 

 

イタリアン

 

Terrazza(テラッツァ)



「Terrazza(テラッツァ)」はボンケンコンエリアの中心地にある各国大使館御用達のイタリアンレストランです。10人近くを収容できるプライベートルームが奥に用意されており、会食や接待などのビジネスの場として利用する日本人も多くいます。イタリア産の食材を使用しており、プノンペンで本場の味を楽しむことができます。 食材の鮮度へのこだわりが他のイタリアンと比べ卓越しており、イタリアから一度タイのバンコクまで輸送されたチーズは、毎週新鮮な状態でバンコクからお店まで運ばれています。

 

料理の値段はパスタとピザともに1皿10ドル前後と在住者にも手の届きやすい価格です。ワインもイタリア産のものを中心に豊富に取り揃え、30ドルのものから200ドル以上する高級ワインまで幅広いラインナップです。また、オリジナルブランド食材も入り口で販売しており、調理用にパスタやチーズ、ハムを買う人も多いです。 


【レストラン詳細情報】

 

ピッツェリアマッテオ(Pizzeria Matteo Phnom Penh)

「マッテオ」はプノンペンの絆ストリートの南にあるイタリアンレストランです。本店は東京・銀座に構えており、名店の味をプノンペンでも楽しむことができます。在住が長い日本人なら知らない人はおらず、日系企業がこぞって会食で使うほどの名店です。ヨーロッパ建築の邸宅を改築した店内に入ると、そこには上品で落ち着いた空間が広がっています。二階に個室が用意されているのもおすすめのポイント。「マッテオ」の看板メニューの一つであるイカスミパスタは8ドル前後で食べることができます。

 

【レストラン詳細情報】

・住所:12301 Phnom Penh No. 21Eo, Street 466, Sangkat Tonle Bassac, Khan Chamkarmorn
・電話番号:070-370-672
・営業時間:11:00〜15:00、17:30〜23:00
・詳しく見る:https://www.facebook.com/pizzeriamatteopp/

 

トラッテリア・ベロ(Trattoria Bello)

「ベロ」はプノンペンの南側のトゥールトンポン(Toul Tom Pong)エリアに位置するイタリアンレストランです。オーナーが日本人であるのも安心のポイントです。「ベロ」の一番の魅力は、スタッフやお店の雰囲気のフレンドリーさです。広々した入り口からお店に入ると、スタッフが笑顔で迎えてくれます。もちろん味も本格的で、生麺を使用しているパスタやハンドメイドのピザのお味は絶品です。店内はオープンな作りになっており、ご家族や友人とのカジュアルな食事におすすめです。2018年半ば頃より、ボタニコビアガーデンからクラフトビールのアメリカンペールエール(American Pale Ale)を取り寄せ、グラス一杯3ドルで提供しています。

 

【レストラン詳細情報】

・住所:17c,st460 Sangkat Chamkarmon,Toul Tompung1 Phnom Penh
・電話番号:096 341 0936
・営業時間:12:00〜14:30、17:30〜22:30
・詳しく見る:https://www.facebook.com/trattoriabello/?ref=br_rs

 

お肉

 

炭火横丁(Sumibi Yokocho)

 

「炭火横丁」はプノンペンの63ストリート沿いとトンレバサック(Tonle Bassac)地区に2店舗構える七輪焼肉屋です。「炭火横丁」ではプノンペンで安い価格で日本と変わらない焼肉を楽しむことができます。店内は昭和を思い起こすような懐かしい造りになっています。お肉だけでなく、様々な日本酒もリーズナブルな価格で飲むことができるのも嬉しいポイントです。また、「炭火横丁」はお弁当のデリバリーサービスもおこなっていて、ほかほかのカルビ弁当や豪華な横丁スペシャル弁当はとても人気です。

 

メニューなど、お弁当デリバリーの詳細はこちら>>>

 

【レストラン詳細情報】

・住所:#81.st63.Sangkat Tunlebassac.Khan Chamkarmon Phnom Penh. Cambodia
・電話番号:098 699 291
・営業時間:17:00~23:00
・詳しく見る:https://poste-kh.com/sumibi-yokocho

 

NEW YORK STEAKHOUSE/OCEAN PRIME STEAKHOUSE(ニューヨークステーキハウス・オーシャンプライム・ステーキハウス)



「NEW YORK STEAKHOUSE」はプノンペンの日本人通りである63ストリートにあるステーキレストランです。最初に感じる印象は外観がとにかくお洒落。恋人とのデートや大事な会食におすすめできます。ステーキにはアメリカから仕入れた上質なお肉が使われています。お肉にぴったりのワインも数多く用意されていて、優雅な時間を過ごすことができます。

「OCEAN PRIME STEAKHOUSE」は「NEW YORK STEAKHOUSE」の系列店で、トゥールコックエリアに位置しています。お店は青を基調としていてまた違った雰囲気です。「NEW YORK STEAKHOUSE」との大きな違いは魚のメニューを多く取り揃えていることです。

 

「NEW YORK STEAKHOUSE」では最大50%オフのプロモーションを実施中です、お見逃しなく!詳しくはこちら>>>

 

【レストラン詳細情報】

 

BLUE BBQ(ブルー・バーベキュー)




「BLUE BBQ」は随一の韓国系焼肉レストランです。お肉はアメリカから輸入しており、本格的な韓国系焼肉を楽しめます。7ドル前後から20ドル前後の量が多いお肉まで幅広く用意されています。お手頃価格ですね。また、お肉だけでなく、美味しい本格ビビンバやチゲを6ドル前後で楽しむこともできます。

 

お肉に関して、韓国の焼肉はお肉が厚くて切って食べるのが大変なことが多いですが、「BLUE BBQ」ではスタッフが丁寧に切り分けてくれます。スタッフのホスピタリティも申し分なしです。店頭では家庭用にお肉の販売もおこなっていて、地域の主婦からも絶大な人気を誇っています。ご家族や友人と焼肉に行くなら「BLUE BBQ」がおすすめです。

 

【レストラン詳細情報】

プノンペンのおすすめレストランまとめ!安いお店からイタリアンやカンボジア料理のお店までご紹介!

この記事を書いた人

お名前 : プノンペン情報生活サイト「ポステ」