プノンペンでレストランをお探しの方、プノンペンにはカンボジア料理やイタリアン、フレンチと様々なレストランが数多くありますよね。価格帯も安いお店から高いお店まで様々です。中には東京で食べたら高いものを安く食べられるお店もプノンペンにはたくさんあります。そのためなかなかレストランを決められない人もいると思います。そこで今回はプノンペンでおすすめのレストランをご紹介します!
 

Trattoria Bello(トラッテリア・ベロ)




「Bello」はプノンペンの南側のトゥールトンポンエリアに位置するイタリアンレストランです。オーナーが日本人であるのも安心のポイント。

「Bello」の一番の魅力は、スタッフやお店の雰囲気の「フレンドリーさ」です。広々した入り口からお店に入ると、スタッフが笑顔で迎えてくれます。もちろん味も本格的で、生麺を使用しているパスタやピザはお店で手作りするこだわりよう。店内はオープンな作りになっており、ご家族や友人との食事におすすめです。

5月限定で毎週金曜日はワイン一杯2ドル!詳しくはこちら>>>

 

【レストラン詳細情報】

 

Pizzeria Matteo Phnom Penh(ピッツェリア マッテオ)




「Matteo」は東京・銀座に本店を構える本格イタリアンレストランです。東京の名店の味をプノンペンでも楽しむことができます。
ヨーロッパ建築の邸宅を改築した店内に入ると、そこには上品で落ち着いた空間が広がっています。個室が用意されているのもおすすめのポイント。プノンペンの日系企業がこぞって会食などに利用しています。友人やご家族とのちょっと豪華なお食事やビジネスシーンに最適です。


【レストラン詳細情報】

 

Japanese Grill&bar WASABI(わさび・山葵)



「WASABI 山葵」はプノンペンで日本人の多く住むボンケンコンエリアに位置する日本食レストランです。日本人店主が笑顔で迎えてくれるため、仕事帰りなどにふらっと気楽に立ち寄れるバー&レストランのような場所です。カウンター席もあるため、お一人の方でもおすすめ。店主は中国での長い実績もあり、中華料理にも精通しています。落ち着いて、しっぽりお酒を飲みたい方はぜひ、一度足を運んでみてください。

【レストラン詳細情報】

 

OPEN WINE RESTAURANT(オープンワインレストラン)




「OPEN WINE」は王宮近くに位置するフレンチレストランです。プノンペンにある各国大使館の御用達で、プノンペン在住日本人の中では知らない人がいないくらい有名なフレンチの名店です。

フレンチと聞くと、少しお高いイメージを持つかもしれません。しかし、OPEN WINEではランチセットメニューが税込み14ドル(約1500円)と超リーズナブル。東京では少なくとも5000円はするであろうフレンチコースランチを、プノンペンなら遙かに安い価格で楽しめます。カンボジアは過去にフランス領だったこともあってフランス文化が強く根付いているのです。そのためプノンペンには多くのフレンチレストランがありますが、なかでも「OPEN WINE」は質と値段の面で卓越しています。会食や恋人とのご利用がおすすめです。

【レストラン詳細情報】

 

Samba Brazilian Steakhouse(サンバ・ブラジリアン・ステーキハウス)




「Samba Brazilian Steakhouse」はプノンペンで唯一本格シュラスコを食べられるレストランです。シュラスコとは、主にブラジルを始めとする南アメリカで食べられている肉料理です。日本の焼肉とは違うのはまずお肉の大きさです。串に刺された状態でテーブルに運ばれてきて、その場でスライスしてくれます。お肉は炭火でじっくり焼かれ、岩塩で味付けされています。

東京でシュラスコというと5000円〜10000円はしますが、「Samba Brazilian Steakhouse」では16ドル(約1700円)からシュラスコを楽しむことができます。プノンペンならではの安さですね。プノンペンに2店舗構えている超人気ステーキレストラン。同僚とのランチ、友人との休日のお食事、ビジネスシーンなど様々なシーンにおすすめできます。

【レストラン詳細情報】

 

NEW YORK STEAKHOUSE/OCEAN PRIME STEAKHOUSE(ニューヨークステーキハウス・オーシャンプライム・ステーキハウス)



「NEW YORK STEAKHOUSE」はプノンペンの日本人通りである63ストリートにあるステーキレストランです。最初に感じる印象は外観がとにかくお洒落。恋人とのデートや大事な会食におすすめできます。ステーキにはアメリカから仕入れた上質なお肉が使われています。お肉にぴったりのワインも数多く用意されていて、優雅な時間を過ごすことができます。

「OCEAN PRIME STEAKHOUSE」は「NEW YORK STEAKHOUSE」の系列店で、トゥールコックエリアに位置しています。お店は青を基調としていてまた違った雰囲気です。「NEW YORK STEAKHOUSE」との大きな違いは魚のメニューを多く取り揃えていることです。

【レストラン詳細情報】

 

Shiva Shakti(シバ・シャクティ)



「Shiva Shakti」はプノンペンの由緒あるインド料理レストランです。カンボジア独立の父と言われるシアヌーク国王も訪れたことのある名店。店内にはシアヌーク国王が来店したときの写真が飾られています。プノンペンにはたくさんのインド料理レストランがありますが、本格インド料理を食べるなら「Shiva Shakti」に行けば間違いありません。価格帯は決して安くはないですが、味や雰囲気にこだわりたいという方にはおすすめできます。

【レストラン詳細情報】

 

BLUE BBQ(ブルー・バーベキュー)




「BLUE BBQ」は随一の韓国系焼肉レストランです。お肉はアメリカから輸入しており、安いお値段で本格的な焼肉を楽しめます。店頭では家庭用にお肉の販売もおこなっていて、地域の主婦からも絶大な人気を誇っています。ご家族や友人と焼肉に行くなら「BLUE BBQ」がおすすめです。

【レストラン詳細情報】

 

Labaab Restaurant(ラバアブ・レストラン)




「Labaab Restaurant」はバタナックタワー近くに位置するクメール料理(カンボジア料理)レストランです。お店の入り口は狭い階段を上がっていって3階にあります。階段は少し分かりづらいかもしれませんが、頭上にある黄色い「Labaab Restaurant」の看板が目印です。

階段を上って店内に入ると、プノンペンの喧噪を掻き消してくれる空間が広がっています。プノンペンにいるんだからクメール料理(カンボジア料理)を食べたい、という方には自信を持っておすすめします。味にこだわった本格クメール料理を探している方には「Labaab Restaurant」で間違いないでしょう。

【レストラン詳細情報】

 

Phka Slaa Restaurant(フカスラ・レストラン)




「Phka Slaa Restaurant」は王宮近くの交差点という好立地です。オープンな空間でカジュアルにクメール料理(カンボジア料理)を楽しめます。ワインの種類も豊富なのでお酒好きでクメール料理レストランをお探しの方にはぴったりです。

【レストラン詳細情報】

 

プノンペンで美味しい食事を!

プノンペンには安いレストランから少し高級なレストランまで様々な種類があります。日本人オーナーのお店が良い!という方、プノンペンにいるうちにフレンチをリーズナブルに食べたい!という方、今日はイタリアンの気分!という方など、人それぞれ好みに合わせてプノンペンで食事を楽しんでください!

※この記事に記載されている情報は2018年5月におこなった、POSTE独自の調査によるものです本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

関連記事
プノンペンのおすすめレストランまとめ!安いお店からイタリアンやカンボジア料理のお店までご紹介!

この記事を書いた人

お名前 : プノンペン情報生活サイト「ポステ」