プノンペンでレストランをお探しの方、プノンペンにはカンボジア料理やイタリアン、フレンチと様々なレストランが数多くありますよね。価格帯も安いお店から高いお店まで様々です。中には東京で食べたら高いものを安く食べられるお店もプノンペンにはたくさんあります。そのためなかなかレストランを決められない人もいると思います。そこで今回はプノンペンでおすすめのレストランをご紹介します!
 

クメール料理

Labaab Restaurant(ラバアブ・レストラン)




「Labaab Restaurant」はバタナックタワー近くに位置するクメール料理(カンボジア料理)レストランです。お店の入り口は狭い階段を上がっていって3階にあります。階段は少し分かりづらいかもしれませんが、頭上にある黄色い「Labaab Restaurant」の看板が目印です。

階段を上って店内に入ると、プノンペンの喧噪を掻き消してくれる空間が広がっています。プノンペンにいるんだからクメール料理(カンボジア料理)を食べたい、という方には自信を持っておすすめします。味にこだわった本格クメール料理を探している方には「Labaab Restaurant」で間違いないでしょう。

【レストラン詳細情報】

 

Phka Slaa Restaurant(フカスラ・レストラン)




「Phka Slaa Restaurant」は王宮近くの交差点という好立地です。オープンな空間でカジュアルにクメール料理(カンボジア料理)を楽しめます。ワインの種類も豊富なのでお酒好きでクメール料理レストランをお探しの方にはぴったりです。

【レストラン詳細情報】

 

 

クラヤ・アンコール・レストラン(Kraya Angkor Restaurant)

 

 

「Kraya」はボンケンコンエリアの63ストリート沿いにあるクメール料理レストランです。 「Kraya」は、プノンペンではまず味わうことのできないカンボジアの伝統的な調理方法を数十年前から受け継いだクメール料理を提供しています。オーナーは内戦の影響でプノンペンでは失われた伝統的調理法を、地方を回って習得しました。伝統を保ちつつも時代の潮流に合わせ、また外国人にも親しみやすい味付けを追究し、その調理法はCNNがインタビューに駆けつけるほどプノンペンではまれのようです。 またカンボジアの王族にも食事を送り届けています。各国国際機関の職員も会食に利用する隠れ名店です。 

【レストラン詳細情報】

・住所:60BEo, Preah Trasak Paem St. (63), Phnom Penh
・電話:017 393 982
・営業時間:10:00〜22:00
・HP:https://poste-kh.com/kraya-angkor

 

 

イタリアン

 

Terrazza(テラッツァ)




プノンペンの中心、ボンケンコン1のおすすめイタリアン「Terrazza(テラッツァ)」。店内は地中海のような雰囲気を感じ取れるおしゃれな空間です。ピザ屋パスタなどのイタリアンの定番料理はもちろんのこと、シーフード料理やお肉を使った料理なども種類豊富に揃っています。料理にはイタリア産の食材を豊富に使っていて、その美味しさが日本人にも評判を呼んでいます。パスタやピザはどれも10ドル前後とリーズナブルで、気軽にイタリアンを楽しみことができます。ランチタイムも営業しているため、職場の仲間とのランチにもおすすめです。また、ディナータイムには友人とのお食事やビジネスシーンなど様々なシーンに最適です。
【レストラン詳細情報】

 

 

お肉

 

炭火横丁(Sumibi Yokocho)

 

「炭火横丁」はプノンペンの63ストリート沿いとトンレバサック(Tonle Bassac)地区に2店舗構える七輪焼肉屋です。「炭火横丁」ではプノンペンで安い価格で日本と変わらない焼肉を楽しむことができます。店内は昭和を思い起こすような懐かしい造りになっています。お肉だけでなく、様々な日本酒もリーズナブルな価格で飲むことができるのも嬉しいポイントです。また、「炭火横丁」はお弁当のデリバリーサービスもおこなっていて、ほかほかのカルビ弁当や豪華な横丁スペシャル弁当はとても人気です。

【レストラン詳細情報】

・住所:#81.st63.Sangkat Tunlebassac.Khan Chamkarmon Phnom Penh. Cambodia
・電話番号:098 699 291
・営業時間:17:00~23:00
・詳しく見る:https://poste-kh.com/sumibi-yokocho

 

Samba Brazilian Steakhouse(サンバ・ブラジリアン・ステーキハウス)

「Samba Brazilian Steakhouse」はプノンペンで唯一本格シュラスコを食べられるレストランです。シュラスコとは、主にブラジルを始めとする南アメリカで食べられている肉料理です。日本の焼肉とは違うのはまずお肉の大きさです。串に刺された状態でテーブルに運ばれてきて、その場でスライスしてくれます。お肉は炭火でじっくり焼かれ、岩塩で味付けされています。

東京でシュラスコというと5000円〜10000円はしますが、「Samba Brazilian Steakhouse」では35ドル(約3800円)からシュラスコビュッフェを楽しむことができます。プノンペンならではの安さですね。プノンペンに2店舗構えている超人気ステーキレストラン。同僚とのランチ、友人との休日のお食事、ビジネスシーンなど様々なシーンにおすすめできます。

【レストラン詳細情報】

 

NEW YORK STEAKHOUSE/OCEAN PRIME STEAKHOUSE(ニューヨークステーキハウス・オーシャンプライム・ステーキハウス)



「NEW YORK STEAKHOUSE」はプノンペンの日本人通りである63ストリートにあるステーキレストランです。最初に感じる印象は外観がとにかくお洒落。恋人とのデートや大事な会食におすすめできます。ステーキにはアメリカから仕入れた上質なお肉が使われています。お肉にぴったりのワインも数多く用意されていて、優雅な時間を過ごすことができます。

「OCEAN PRIME STEAKHOUSE」は「NEW YORK STEAKHOUSE」の系列店で、トゥールコックエリアに位置しています。お店は青を基調としていてまた違った雰囲気です。「NEW YORK STEAKHOUSE」との大きな違いは魚のメニューを多く取り揃えていることです。

【レストラン詳細情報】

 

 

BLUE BBQ(ブルー・バーベキュー)




「BLUE BBQ」は随一の韓国系焼肉レストランです。お肉はアメリカから輸入しており、安いお値段で本格的な焼肉を楽しめます。店頭では家庭用にお肉の販売もおこなっていて、地域の主婦からも絶大な人気を誇っています。ご家族や友人と焼肉に行くなら「BLUE BBQ」がおすすめです。

【レストラン詳細情報】

プノンペンのおすすめレストランまとめ!安いお店からイタリアンやカンボジア料理のお店までご紹介!

この記事を書いた人

お名前 : プノンペン情報生活サイト「ポステ」