プノンペンにあるモダンなカフェ「Enso Cafe」

プノンペンにあるモダンなカフェ「Enso Cafe」
プノンペンにあるモダンなカフェ「Enso Cafe」

プノンペンでの生活、普段、お仕事や時間潰し、友達とのお出かけなど、何かとカフェにいくことが多いですよね。

プノンペンには、おしゃれなカフェがたくさんあり、有名コーヒーチェーンや素材にこだわった自然派のカフェ、インスタ映え間違いなしの可愛いカフェなど、様々なお店があります。

 

今回は、独立記念日から少し離れたところにあるモダンなカフェ、「エンソカフェ(Enso Cafe)」をご紹介します!

Enso Cafe

「エンソカフェ」はOknha Chhun通りにある建物の1階にあります。

建物の屋上には、「エンソ ヒーリングスペース(Enso Healing Space)」というウェルネスセンターがあります。

 

「エンソカフェ」では西洋系のお客さんが多くみられますが、日本人のお客さんも多数。

もちろんお茶しながら会話を楽しむ人も見られますが、パソコンで作業をしている人も多いです。

Wi-Fiは支障なく使えるほど速く、コンセントだけでなく延長コードも借りることができるので充電の心配もありません!!


場所

「エンソカフェ」は、独立記念塔に繋がるPreah Norodom大通りからOknha Chhun通りに曲がったところに佇んでいます。

平日のお昼頃に行きましたが、周りは中心部の騒がしさとは違い、静かな印象を受けました。

店内

日本人にも人気! プノンペンにあるモダンなカフェ「エンソカフェ(Enso Cafe)」

店内はダーク系の茶色、黄色、青を基調としており、カラフルながら統一感があります。

ソファー席もあるので大人数で利用するときや、ゆったり座ってくつろぎたい人には最適です!

テーブル席の椅子もふかふかで座り心地も文句なしです。

 

日本人にも人気! プノンペンにあるモダンなカフェ「エンソカフェ(Enso Cafe)」

店内にはところどころ絵画や小物が飾ってあり、落ち着いた雰囲気の店内に可愛さがプラスされています。

テーブルにはお花も飾られていました!

細かい気遣いですが、お花があるだけでちょっとだけ特別な気分になりますよね♪

 

座席との間隔もそれほど狭くないので、窮屈に感じることなく利用できそうです。

メニュー

日本人にも人気! プノンペンにあるモダンなカフェ「エンソカフェ(Enso Cafe)」       

ボードに挟んだメニュー。
こういうのも画になりますね〜♪

淹れたてのコーヒーや紅茶、ヘルシーなドリンク、プレスジュースなど、ドリンクのメニューもバラエティ豊富でした。

 

さすが、ヨガなどができるウェルネスセンターが建物の上にあるだけあり、ドリンクメニューにもヘルシーなものがあります。

健康というところにもこだわってるようで、女性には嬉しいです。健康志向の方やダイエット中の方にもおすすめできそうですね。

ヨガに通う筆者には魅力的でした!

 

値段は、コーヒーが2ドル(約220円)〜3.5ドル(約390円)、スムージーが4.5ドル(約500円)程度。

食事メニューはブレックファーストメニューからランチメニュー、ディナーメニューまであるので、1日中いつでも利用できそうです。

 

さらに、平日限定のランチセットメニューもあり。

メイン料理・デザート・ドリンクのセットが9.5ドル(約1050円)と、おトクですね!

モダンでおしゃれなカフェで、ちょっぴり豪華なランチをお得に食べれるのは嬉しいですよね♪

ランチセットを注文

筆者が「エンソカフェ」に行ったのは水曜日のランチタイムだったので、平日限定のランチセットをオーダーしてみました。

平日限定ランチセットのメインメニューは曜日ごとに決まっており、筆者が行った日は「イカとバジルのリゾット」でした。

リゾット好きの筆者にはドストライクです! アイスティーか、ホットティーのどちらかを選ぶことができます。

 

アイスティーは茶葉を水に入れ、日光を当てて抽出しているようです。

今回はアイスティーにしました。

プラス1ドルでアメリカーノやアイスコーヒーに変更することもできるようです!

日本人にも人気! プノンペンにあるモダンなカフェ「エンソカフェ(Enso Cafe)」

「イカとバジルのリゾット」がきました!

リゾットは思った以上に大きく、ボリュームたっぷりです!! 

お米の芯はしっかり残っていて、バジルの風味がとても爽やか。

 

東南アジアのあるあるですが、アイスティーのデフォルトが甘い時ってよくありますよね。

ここは欧米人が経営しているためか、アイスティーには砂糖が入っていないのも、良い点でした。

 

日本人にも人気! プノンペンにあるモダンなカフェ「エンソカフェ(Enso Cafe)」

続いて、デザートです。

デザートはプリン、ビーガンマフィン、アイスクリーム、バナナブレッド、クロワッサンの5種類から選ぶことができ、今回はプリンをチョイス。

メニュー表にはプリンではなく、「Cream Caramel」と表記されているので、プリンをオーダーしたい方は要注意です。

 

食後のデザートなので、小さい器でプリンが出てくるのかと思っていたら、なんと平たいお皿で出てきました!! しかも写真では伝わりづらいかもしれませんが、サイズも予想以上に大きいです!!

カスタードプリンは少し硬めで、甘さは控えめなのでさっぱりとした後味です。

カラメルはサラサラしていて苦みがないので、カラメルの苦みが苦手な人でも食べれそうです!

 

「エンソカフェ」はwifiも安定しているので、筆者はランチを食べたあと少しPC作業をして帰りました!

まとめ

今回は日本人にも人気なモダンなカフェ「エンソカフェ」をご紹介しました。

平日限定のランチセットを食べてみましたが、メニューの内容が曜日によって変わるので、いつも同じということがないのは嬉しいポイントです!

 

店内は落ち着いた雰囲気で居心地もよく、ついつい長く時間を過ごしてしまいます。

ネット環境や充電にも困ることはないので、PC作業にもおすすめ。

友人とのお出かけやノマドワーク、平日のランチなど様々なシーンで利用できそうな素敵なカフェでした。

 

ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

「Enso Cafe」詳細情報

 



行きたいお店を見つける
もっと見る

日本語が堪能なカンボジア人弁護士と日本人スタッフ常駐。当事務所は、カンボジア政府や警察・軍隊関係者とも強固な関係を築いており、迅速かつ適正な値段での法務支援・問題解決を支援します。​カンボジア国の問題は、カンボジア人弁護士にお任せするのが1番です。

店舗詳細ページを見る

盲目マッサージ。自らも盲目のオーナーのNikaさんはこの道20年以上のマッサージのプロ。かつてJICAの支援で日本・沖縄に行き、日本人の盲目の方にマッサージを指導した経験もあります。ボディマッサージは1時間7ドルとリーズナブル。マッサージレベルは一級品。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

「炭火横丁」はプノンペンに2店舗を構える七輪焼肉店。七輪の炭火で焼く焼肉は最高に旨い!焼肉以外にもサイドメニューとアルコールメニューが種類豊富。品質の高いお肉をリーズナブルな価格で楽しむことができます。カジュアルな食事会や飲み会におすすめ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの老舗ラウンジ「ラウンジ琴」。日本のスナックのような雰囲気です。日本人ママやカンボジア人の女の子とゆったりとお酒を楽しむことができます。カウンター席。ボックス席、VIP席があるので、様々なシーンにおすすめです。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで日本人女将が切り盛りする日本食レストラン「真家」。女将の井上さんが笑顔でお出迎えしてくれます。どことなく落ち着く店内と、家庭的な味わいのお食事。家のように寛げるひとときを過ごすことができます。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで創作フレンチ料理やオリジナルカクテル、ワインを楽しむことができるフレンチ&バー。レンガ造りがおしゃれな店内はロフトスタイルで、演出しており、広々とした空間に上品な装飾が施されています。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories