プノンペンのテラス席が気持ちいい「Lot 369 Cafe」

プノンペンのテラス席が気持ちいい「Lot 369 Cafe」
プノンペンのテラス席が気持ちいい「Lot 369 Cafe」

プノンペンには雰囲気の良さはもちろん、メニューの豊富さや居心地の良さなどこだわりのスタイルを持つおしゃれなカフェがたくさんあります。

今回は、テラス席がメインのカフェ「ロット369カフェ(Lot 369 Cafe)」を紹介します。

 

開放感たっぷりのテラス席はおしゃれで、非日常的な雰囲気。

さて、どんなカフェなのでしょうか?

実際に行った様子を紹介します。

Lot 369 Cafe

「ロット369カフェ」は、オーストラリア人のオーナーの元、カンボジア人が運営しています。

美味しいコーヒーとブランチを提供すること、人と環境に配慮することが、このカフェのコンセプトのようです。

朝食とブランチの本場、オーストラリアの方が経営するだけあり、期待が膨らみます♪

場所

 

「ロット369カフェ」は、プノンペン市内のボンケンコン(Boeung Keng Kang)とトゥールトムポン(Toul Tom Poung)に2店舗あり、どちらもテラス席がメインのようです。

今回は、ボンケンコン店に行ってみました!

 

ボンケンコン店は、Samdach Louis Em通りという小道にひっそりと佇んでいます。

お店の前は大通りと比べて交通量が少ないので、騒がしさもなく落ち着いた雰囲気でした。

お店の様子

プノンペンのテラス席が気持ちいいおしゃれなカフェ「ロット369カフェ(Lot 369 Cafe)」

お店の前に到着して、目に入った光景。

「え、ここカンボジア?」と思ってしまうほど欧米的でおしゃれ雰囲気。

テラス席に座ってる人の姿を見るだけで画になります。

 

開放感のあるテラス席は、植物に囲まれていて緑豊かです。

コンクリート床と木目を基調としたテーブル。おすすめメニューは書いてあるボード。

どれをとっても素敵ですね。

 

店内の左奥には室内のテーブル席もありました。

筆者がお店に行ったのは、平日の朝8時頃でしたが、ほとんどのお客さんがテラス席を利用していました。お客さんは西洋系の人が多く、8時30分くらいから多くのお客さんで賑わってました。

 

席は自由に選ぶことができるとのことで、せっかくなのでテラス席をチョイス。

お店の前で目に入った欧米的でおしゃれな光景。

「そんな光景に自分も入りたい」と思い、せっかくなのでテラス席に。

 

朝はまだそんなに気温も高くなく、日陰なのでとても気持ちいいです!

メニュー

プノンペンのテラス席が気持ちいいおしゃれなカフェ「ロット369カフェ(Lot 369 Cafe)」

木のボードのメニューも、お店の雰囲気に合ったおしゃれなデザイン。

7:30〜16:00までが朝食メニューで、16時以降はディナーメニューやタパスメニューに切り替わるようです。

朝食やブランチだけでなく、夕方からまた違った楽しみ方ができるのは嬉しいですね!

 

また、メニューに材料の説明だけでなく、「V(ベジタリアン)」、「VG(ビーガン)」、「GF(グルテンフリー)」などと記載されているのもオーストラリア人経営の配慮のような感じがしますね。

ダイエット中の方や健康に気を使ってる方でも使いやすそうですね!

朝食を注文

今回は、2人でお店に行き、朝食メニューを2品ずつオーダーしました。
 

プノンペンのテラス席が気持ちいいおしゃれなカフェ「ロット369カフェ(Lot 369 Cafe)」

こちらは「Smashed Avo」で、値段は6ドル(約660円)です。

左側にサラダ、右側には大きなフランスパンのトーストの上にアボカド、ポーチドエッグ2つ、ザクロの実と自家製のビーツのディップが乗っていて、食べ応え抜群の朝食メニューです!

こちらはベジタリアンメニューなので朝から食べ過ぎても罪悪感なしです。

 

追加料金1ドル(約110円)でグルテンフリーのパンに変更、1.5ドル(約165円)でベーコン、2ドル(約220円)でスモークサーモンを追加でき、色々オプションで選ぶこともできます!

プノンペンのテラス席が気持ちいいおしゃれなカフェ「ロット369カフェ(Lot 369 Cafe)」

続いてこちらは「Breakfast Bowl」で、値段は6ドル(約660円)です。

「Bowl(ボウル)」なのでおしゃれな木のボウルで出てくると想像していたら、日本のどんぶりのような器で出てきて、少しびっくりしました。

 

こちらにはスクランブルエッグ、ベーコン、ベイクドビーンズ、ミニトマト、ほうれん草、アボカド、マッシュルームと盛りだくさん!!

しかも、グルテンフリーなのだとか。

様々な食材が一度に味わえるので、お得感があります。

 

プノンペンのテラス席が気持ちいいおしゃれなカフェ「ロット369カフェ(Lot 369 Cafe)」

「カンポットティー」というアイスティーもオーダーしてみました!

値段は3ドル(約330円)です。

カンボジアにしかないカンポットペッパーの花茎から作られた紅茶にレモングラスと生姜が入っています。

 

今まで飲んだことのない味でしたが、生姜のピリッとした感じと、レモングラスがとても爽やかで暑いプノンペンで飲むにはぴったりです!

まとめ

今回は「ロット369カフェ」 をご紹介しました。

テラス席は居心地が良く、店内や食べ物はとてもおしゃれでインスタ映え間違いなしのお店でした。

たまにはテラス席に座って、自然の風に当たりながらお茶をしたり、食事をするのもおすすめです。

 

気になった方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

「Lot 369 Cafe」詳細情報

Lot 369 BKK

Lot 369  Toul Tom Poung



行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで創作フレンチ料理やオリジナルカクテル、ワインを楽しむことができるフレンチ&バー。レンガ造りがおしゃれな店内はロフトスタイルで、演出しており、広々とした空間に上品な装飾が施されています。

店舗詳細ページを見る

プノンペンで日本人女将が切り盛りする日本食レストラン「真家」。女将の井上さんが笑顔でお出迎えしてくれます。どことなく落ち着く店内と、家庭的な味わいのお食事。家のように寛げるひとときを過ごすことができます。

店舗詳細ページを見る

「炭火横丁」はプノンペンに2店舗を構える七輪焼肉店。七輪の炭火で焼く焼肉は最高に旨い!焼肉以外にもサイドメニューとアルコールメニューが種類豊富。品質の高いお肉をリーズナブルな価格で楽しむことができます。カジュアルな食事会や飲み会におすすめ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの老舗ラウンジ「ラウンジ琴」。日本のスナックのような雰囲気です。日本人ママやカンボジア人の女の子とゆったりとお酒を楽しむことができます。カウンター席。ボックス席、VIP席があるので、様々なシーンにおすすめです。

店舗詳細ページを見る

五感が全て満たされる、イタリアと同じ素材・同じ料理をプノンペンで。プノンペンのイタリア人経営のイタリアンレストラン。一軒家を改装した店内はクラシカルでありながら、襟を立てずにゆったりとできるカジュアル空間です。一期一会の心を秘めて、お客様をお出迎えします。

店舗詳細ページを見る

盲目マッサージ。自らも盲目のオーナーのNikaさんはこの道20年以上のマッサージのプロ。かつてJICAの支援で日本・沖縄に行き、日本人の盲目の方にマッサージを指導した経験もあります。ボディマッサージは1時間7ドルとリーズナブル。マッサージレベルは一級品。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories