POSTE LINE


カンボジアでインフルエンザは流行するのでしょうか? 実は年中暑いカンボジアでも、インフルエンザが流行する時期があるのです。今回はKenClinic(ケンクリニック)がカンボジアのインフルエンザ事情について詳しく解説します!
 

カンボジアでインフルエンザが雨季以降に流行?


カンボジアの在住者の方は「カンボジアにインフルエンザの季節がやってきました! 」と聞いてもピンとこないかもしれません。日本では通常冬にしかインフルエンザは流行しないので、「暑い国にはインフルエンザはない」と思っている人が多いと思います。

しかし、真夏の沖縄で流行したこともあるように暑い場所や季節でも発生します。さらに、カンボジアをはじめ東南アジア諸国では1年に2回のインフルエンザシーズンがあるのです。それは6月~8月と10月~12月です。昨年は4月下旬から発生し、9月上旬まで長い期間流行しました。その後も1ヶ月と空けずに10月中旬から12月末まで続きました。ぜひ早めにインフルエンザの予防接種を受けることをおすすめします。

 

インフルエンザのワクチンは手に入る?




毎年2月にWHO(世界保健機関)が、インフルエンザワクチン製造推奨株を発表します。それに基づいて各国の製薬会社がワクチンを製造します。通常は3価ワクチンといって、1本の注射器の中に3種類(2種類のA型と1種類のB型)のウイルスが入ったものです。

ワクチンには南半球用と北半球用があり、南半球が先に冬を迎えるので、北半球よりも先にワクチンを製造します。南半球用のは5月頃、北半球用のは10月頃です。その年によって含まれるウイルスの型が南北で異なることもありますが、この数年は全く同じタイプのワクチンが作られています。

赤道に近い東南アジアでは南半球からも、北半球からも、ウイルスが入ってきやすいので流行期間が長くなります。そのため、カンボジアでも時期によって南と北、それぞれのワクチンが流通しています。

 

インフルエンザの予防接種が面倒に思う方へ


「今までインフルエンザにかかったことがない」「予防接種をしたのにかかった」「面倒くさい」「注射は痛いからイヤ」などという理由で予防接種を受けない人がいます。ネット上でも予防接種の副反応をことさらに誇張した情報やデマも散見されます。しかし、インフルエンザ予防接種の効果は毎回認められています。程度の差はあっても、今までに「はずれ」であったことは一回もないのです。

また「インフルエンザにかかっても自分で責任を持つから大丈夫」という人もいます。しかし、自分がかかったら、周囲の人にうつす危険性が高くなります。仕事や学校を休むことを余儀なくされます。幼児やお年寄りがかかると死に至ることもあります。自分のためだけでなく、周囲のために、愛する人のために予防接種を受けてください。

 

薬局でインフルエンザの薬を買うべきではない?




薬局に行けば、インフルエンザの治療薬であるオセルタミビル(商品名タミフル®)もおいてありますが、40ドル以上と高価ですし、インフルエンザにしか効かない薬です。普通のカゼや気管支炎には効かないのです。つまり、迅速検査などを行ってインフルエンザであると確実に診断されて処方箋を書いてもらう必要があります。

検査ができるところがあまりないのに、この薬がおいてあるのも不思議です。医師の処方箋がなくても大抵の薬が買えますが、一般のカンボジア人で、普通のカゼとインフルエンザの違いを知っている人はほとんどいないでしょう。もしタミフルの名前を知っていたとしても、素人判断でそのような高価な薬を買う人はほとんどいないでしょう。

 

まとめ


ご存じのようにインフルエンザは感染力が強いのが特徴です。予防方法は手洗いが最も大事ですが、その前に予防接種を受けることが重要です。私は医師になって30年間、毎年100人以上のインフルエンザ患者を診察・検査してきましたが、自分がかかったことは一度もありません。手洗いと予防接種のおかげだと考えています。日本では毎年10月頃に1回だけ受けていましたが、カンボジアに来てからは自分を含めて職員・家族に1年に2回の予防接種を徹底しております。皆さんも、インフルエンザが流行する前に、ぜひ予防接種を受けることをおすすめします。

※この記事に記載されている情報は2018年5月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。
 

【病院情報】

Ken Clinic

  • 住所:No.14A, St.370, Sangkat Boeng Keng Kang 1, Phnom Penh
  • 電話番号: 023-223843/012-865-039(時間外)
  • 診察時間:月~土08:30~13:00,  15:00~19:00、日祭日休診
  • 診察科:一般総合診療、外科、内科、小児科、予防接種(予約)
  • カンボジア初の日本人開業医
    日本人医師が診察。大手の海外旅行保険取り扱い可能
    2010年2月にオープン。
    外科・内科・小児科・予防接種・健康診断対応。
    柔道整復師や鍼灸師による治療も受けられます。
  • HP:http://www.kenclinic-cambodia.com/

 


関連記事

 

カンボジアでインフルエンザは流行の可能性大!? 事情を詳しく解説!

この記事を書いた人

お名前 : Ken Clinic(ケン・クリニック)