カンボジアで注意すべき病気 下痢や嘔吐などの症状も紹介

カンボジアで注意すべき病気 下痢や嘔吐などの症状も紹介
カンボジアで注意すべき病気 下痢や嘔吐などの症状も紹介

カンボジアにおける病気のリスクについて、カンボジアで生活される方は知っておきたいですよね。カンボジアは日本と違って決して健康的・衛生的に良いとは言えません。空気は綺麗ではないですし、蚊はたくさんいます。ローカル料理店ではネズミも走り回っています。もちろんカンボジアで生活すると誰もが病気になるというわけではないですが、日本より病気のリスクが高いのは事実です。そこでカンボジアで生活される方に向け、カンボジアで注意すべき病気を「Sun International Clinic(サン・インターナショナル・クリニック)」が解説します。症状や対策を確かめて、自身で病気から身を守ってください。

 

デング熱


デング熱はウイルスを持っているネッタイシマカやヒトスジシマカ(ヤブ蚊)に刺されることで感染する病気です。潜伏期間が3〜5日あるため、刺された直後は感染しているかどうかは判断することができません。医者によるデング熱の診断は、発症後3~4日目に行う血液検査(白血球減少、血小板減少、免疫検査)のみ可能ですが、対症療法(病気の根源ではなく、病気によって発生している痛みなどを和らげる方法)以外の治療法はありません。

デング熱に感染してしまった場合、「突然の発熱」「関節痛」「頭痛(特に眼の奥の痛み)」「嘔気」「嘔吐」などの症状に5~7日間ほど見舞われます。また、発熱して数日後には麻疹(はしか)に似たような小さな紅斑が体に現れます。これは、皮下出血や歯肉出血が見られる事もあります。

通常は後遺症なく回復しますが、重症の場合には血小板が急激に減少する「デング出血熱」となり、肝腫大や胸水・腹水が見られるようになります。また、最悪の場合は輸血が必要になったり、死に至ることもあります。

デング熱が重症化するリスク因子としては、「妊婦」「乳幼児」「高齢者」「糖尿病」「腎不全」などが挙げられます。デング熱を媒介するネッタイシマカやヒトスジシマカ(ヤブ蚊)は、プノンペンやシェムリアップなどにも多く生息しています。


 

マラリア


カンボジアで発症する可能性のあるマラリアは「熱帯熱マラリア」と「三日熱マラリア」の2種類があります。治療にはいずれに対しても抗マラリア薬が有効です。放置しておくと命の危険性があります。そのため、蚊に万が一刺されてしまった場合は、必ず医療機関への受診が必須です。

熱帯熱マラリア

カンボジアでマラリアを発症した人の約9割が熱帯熱マラリアだといわれます。この熱帯マラリアは治療が遅れてしまうと命に関わるほど、恐ろしい病気です。潜伏期間は約1〜2週間ですが、突然に高熱を発症するのが特徴です。


三日熱マラリア

三日熱マラリアの症状は少し特徴的で、48時間ごとに発熱して解熱するという規則性があります。おもな症状は発熱の他に、「頭痛」「関節痛」「脾腫(ひしゅ)」「貧血」「播種性血管内凝固症候群(はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん)」「急性腎不全」「意識障害」「出血症状」「肺水腫」などが挙がれます。

 

細菌性腸炎(食中毒)

 

カンボジアを訪れた人が下痢の症状を訴えた際に、1番の原因として考えられるのが病原性大腸菌によるものです。病原性大腸菌の中でも特に毒素原性大腸菌は、コレラ菌と類似の毒素を分泌するため、水様性の激しい下痢の原因となります。

 

キャンピロバクター(カンピロバクター)感染症


キャンピロバクター感染症は食中毒の中でもかなり感染力の強いことで知られている病気です。潜伏期間は約2〜5日間と少し長いことが特徴です。主な症状としては、38℃程度の発熱、下痢(血便になることもあります)、腹痛、嘔吐などが挙げられます。症状が悪化するとさらには、倦怠感や頭痛、悪寒を伴うこともあります。

キャンピロバクター感染症を発症したほとんどの患者は、数日後には良好な経過をたどります。
しかし近年、「キャンピロバクターに感染した1〜3週間に、ギラ ン・バレー症候群を発症する人がいる」という報告がされています。これは、突然に四肢の力が抜けてしまう病気です。


 

腸チフス


「腸チフス」は食事を介してチフス菌が体内に感染することによって発症します。潜伏期は10日から2週間ほどです。この時期は熱があっても少し頑張れば、自力で病院に行ける程度です。しかし、熱は次第に高くなり、1週間ほど経過すると39~40℃の熱が続くようになります。

高熱と共に腹痛や下痢を伴うことが多いのですが、下痢の症状が出なくても腸チフスであることもあります。治療をきちんと行った場合は約4週間程度で回復します。治療をしなければ高熱が更に2週間ほど長引き、腸出血を起こして危険な状態に陥る人もあります。

 



行きたいお店を見つける
もっと見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

プノンペンの日系ホテル。東屋ホテルでは安い価格で異国を感じさせない空間を提供しています。また、東屋では疲れを癒す露天風呂やマッサージ、1日の活力となる和朝食が楽しめます。受付には日本語で対応してくれるスタッフが常駐しているのでカンボジアでの生活も安心です。

店舗詳細ページを見る

カンボジア初の日本人開業医、ケンクリニック。外科・内科・小児科・その他対応。レントゲン、超音波検査、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、乳がん検診(触診+超音波)、血液・尿検査も可能。健康診断も受け付けています。日本製の薬を処方。海外旅行保険も対応。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories