カンボジア、本田”監督”が見守るなかラオス戦へ

カンボジア、本田”監督”が見守るなかラオス戦へ
2018年11月20日(火)00時00分 公開
カンボジア、本田”監督”が見守るなかラオス戦へ

カンボジア代表サッカーチームは今年のAFFスズキカップでマレーシアに1-0で、またミャンマーにも前半の半ばまではリードしていたものの、4-1で敗北した。

 


しかし、カンボジア代表監督のFelix Dalmas氏は、選手に長めの休息を与え、本日夜にオリンピックスタジアムで行われるラオス戦に向け準備を進めていると述べた。


19日、同代表監督は記者会見で「我々は素晴らしいチームと対戦できることを楽しみにしている。ラオス戦に向け、我々は約1週間練習を重ねてきた」と語った。


また、「ラオス戦に向け、いつも以上に準備を重ねてきた。ラオス代表チームの試合も分析済みだ。前回のゲームにおける課題を克服するために努力してきたので、今回プレーで変化を見せられることを願っている」と続けた。


一方、ラオス代表チームもカンボジア同様に勝ち星がなく、これ以上ライバルに敗北するのは避けたいという状況だ。


ラオス代表チームはミャンマーやマレーシア、ベトナムに破れている。


ラオスは予選リーグを勝ち進めないことが決定しているものの、これ以上の黒星は避けたいようだ。


ラオス代表監督のV. Sundramoorthy氏は「我々は予選リーグ敗退が決まっているが、試合に全力で取り組む」と語った。


カンボジア代表チームキャプテンのSoeuy Visal氏は、丁寧にゲームを進める必要があると述べた。


同キャプテンは「ラオスが既に予選リーグ敗退が決まっているものの、我々は彼らに勝たなくてはならない。また、我々は今週1週間ゼネラルマネージャーである本田圭佑選手に受けた指導を生かし、より良いプレーを見せなくてはならない」と語った。


現在、カンボジア代表チームのゼネラルマネージャーである本田圭佑選手は、本日の試合に向けプノンペンに滞在しているという。本田選手は代表選手との練習と並行して、自身が運営するSoltiloサッカースクールで若いサッカーファンと交流を深めている。

 

出典:KhmerTimes

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
Line Banner

ホットニュース

Choose Classified categories