フンセン首相、国王に緊急事態宣言の発令要請を検討

フンセン首相、国王に緊急事態宣言の発令要請を検討
フンセン首相、国王に緊急事態宣言の発令要請を検討

25日、フンセン首相は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、シハモニ国王に「緊急事態宣言」の発令を要請することを検討していると明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

フンセン首相によると、緊急事態宣言が発令されれば、国民の権利は制限されるという。

 

一方、生活に支障をもたらすため、新型コロナウイルス対策によって市場やレストラン、小規模のお店は閉鎖されないとしている。

カンボジアでは感染者の拡大を受け、クメール正月を祝うソンクラン祭りの中止や大人数が集まる集会の禁止、一部の国からの入国停止や国境封鎖などの措置が講じられている。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事

Line Banner

ホットニュース

Choose Classified categories