男性が嫉妬で妻を殺害、その後心臓発作で死亡:カンボジア

男性が嫉妬で妻を殺害、その後心臓発作で死亡:カンボジア
2021年04月05日(月)17時04分 公開
男性が嫉妬で妻を殺害、その後心臓発作で死亡:カンボジア

<写真:The Phnom Penh Post>

 

3日、バッタンバン州で男性(31)が嫉妬により妻(30)を感電死させ、その数時間後に心臓発作で男性の死亡が確認された。

夫婦は同州のSangke地区在住で、2人の娘がいたという。

 

警察によると、男性は自宅にあるワイヤーを使用し、妻を感電死させたとしている。

妻を殺害後、男性は気分が悪くなり、病院へ行ったものの、心臓発作で死亡したという。
 

地区警察によると、夫婦関係はうまくいっておらず、男性の妻は離婚手続きを行なっていたという。

しかし、当局が離婚についての話し合いのため男性を召喚した際、男性は姿を見せていなかった。
 

男性は妻に新しい恋人がいることによる嫉妬で妻を殺害したとみられており、警察が逮捕する直前に死亡したという。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories