11日〜17日までは雨の恐れ、カンボジアでモンスーンの影響

11日〜17日までは雨の恐れ、カンボジアでモンスーンの影響
2021年08月10日(火)13時44分 公開
11日〜17日までは雨の恐れ、カンボジアでモンスーンの影響

<写真:Khmer Times>

 

水資源気象省によると8月11日〜17日までの7日間、カンボジアでは南西モンスーンの影響により、雨が続く予報だという。

8月11日〜12日までは中国からの低気圧の影響を受け、13日〜16日までは熱帯収束帯の影響を受けるとされている。

 

この期間中、中央低地地域では最低気温が24度〜26度、最高気温は33度〜35度になるという。

同地域では雷を伴う小雨〜やや強い雨が降る予報。

中央〜南部の地域では、さらに強い雨が降るという。 

 

ダンレク山地付近の州や高原地域、北東地域では、最低気温が23度〜25度、最高気温は31度〜33度になるという。

同地域では、やや強い雨が降る可能性がある。

 

海岸沿いの地域では最低気温が23度〜25度、最高気温は31度〜33度になり、やや強い雨〜強い雨が降るという。

水資源気象省は、住民に対し、雷や強風への警戒を呼びかけている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories