プノンペンの気候や天気はどう? 旅行のベストシーズンと服装のポイントを紹介

プノンペンの気候や天気はどう? 旅行のベストシーズンと服装のポイントを紹介
プノンペンの気候や天気はどう? 旅行のベストシーズンと服装のポイントを紹介
プノンペンに仕事や旅行で行く人は、プノンペンの気候や天気が気になるのではないでしょうか?「プノンペンに旅行に行きたいけど、いつ行くのがおススメなの?」「プノンペンではどんな服装をすればいいの?」など、事前に知っておきたいことがたくさんあると思います。今回はプノンペンの気候と旅行のベストシーズン、現地での服装のポイントを紹介します!

 

プノンペンの気候と天気




カンボジアの首都であるプノンペンは、熱帯性モンスーン気候に属しています。季節による気温の変化が少なく年間を通して高温多湿です。プノンペンの年間平均気温は27.6℃。3月~5月が最も暑く、気温は35~40℃になることもあります。プノンペンの気候は大きく分けて雨季と乾季の2つに分かれています。
 

雨季(6月~10月)




プノンペンの雨季は6月~10月です。気温は32~34℃で、毎日のようにスコールが降ります。蒸し暑さもかなり感じるかもしれません。特に9月と10月に最も多く大雨が降り、月に200㎜以上降ることもあります。しかし、一時的に強い雨が降るだけで、一日中雨が降るということはありません。

乾季(11月~5月)


プノンペンの乾季は11月から翌年の5月までです。11月~2月は年間で最も涼しく、過ごしやすい季節です。一方で、後半の3月~5月は1年で最も暑い時期で、最高気温が40℃近くなることもあります。日本がGW休暇の時にプノンペンに旅行へ行くと残暑のためかなり暑いです。

 

旅行のベストシーズン


基本的には湿度が下がる乾季が旅行に適しています。11月~2月までの4か月間は雨が少なく天気も良く気温が比較的低いので旅行のベストシーズンです。しかし、乾季の中でも4月と5月はかなり蒸し暑いため旅行には向いていません。また、雨季のスコールが激しくなる9月と10月も旅行には向いていません。

 

服装で気を付けるべきことは?


基本的には年間を通して夏服で問題ありません。しかし、急にスコールなどの雨が降ると、体感温度が下がるので、薄手の長袖があれば安心です。5月~10月にプノンペンに行く場合は雨季に入るので、雨具が必要になります。
 

まとめ




プノンペンは高温多湿で年中暑い日です。それに加えて雨季はスコールに見舞われることも多々あります。事前に対策をしてプノンペンでの快適な時間を過ごしてください!

関連記事


行きたいお店を見つける
もっと見る

SBIリーホーバンクは、ネット金融大手SBIホールディングスの連結対象子会社です。2020年3月に新しい日系商業銀行として営業を開始しました。ノロドム通り沿い、独立記念記念塔のすぐ側に位置するチャムカモン支店には日本人スタッフが常勤しております。

店舗詳細ページを見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

創業90周年のパリミキが監修するプノンペンの日系眼科「Japan Eye Hospital」。日本で600店舗以上ある眼鏡店「パリミキ・メガネ」も併設。日本人常駐・日本語可、海外旅行保険利用可。カンボジア・プノンペンでコンタクトレンズならココ。

店舗詳細ページを見る

プノンペンの日系ホテル。東屋ホテルでは安い価格で異国を感じさせない空間を提供しています。また、東屋では疲れを癒す露天風呂やマッサージ、1日の活力となる和朝食が楽しめます。受付には日本語で対応してくれるスタッフが常駐しているのでカンボジアでの生活も安心です。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories