【プノンペン在住者必見】イオンでバイクチケットを無くした時の対処法

【プノンペン在住者必見】イオンでバイクチケットを無くした時の対処法

【プノンペン在住者必見】イオンでバイクチケットを無くした時の対処法
【プノンペン在住者必見】イオンでバイクチケットを無くした時の対処法

プノンペン在住者の生活の基盤と言っても過言でないほど、行けば何でも揃ってしまうイオン。イオンにはバイクで行かれる方がほとんどだと思いますが、もし買い物終わりにバイクチケットを無くしていることに気が付いた時、どうやって対処すればいいのか知っていますか?? 今回はプノンペン在住のPOSTEスタッフがもしもの事態に備えておきたい、バイクチケットを無くした時の対処法を紹介します!!

 

 

ステップ0 バイクの番号と置いてあった場所をメモ


「バイクチケットが見当たらない。でも、用事があるからイオンをでなければいけない......」という場合は、バイクのナンバープレートの番号とバイクを置いてあった場所をメモしておきましょう。イオンでは1日経つとバイクを移動されてしまうことがよくありますが、ナンバープレートと置いてあった場所を控えておくと、後日イオンのスタッフに移動後の場所を聞きやすくなります。また、ナンバープレートやバイク本体の写真を何枚か撮っておくこともおすすめです。

 

ステップ1 バイクの購入証明書を提示

バイクを無くした場合は、バイクの購入証明書を係員に提示しましょう。パスポート(次のステップで必要になります)や運転免許証を見せたり、賄賂を渡せば大丈夫だと思われがちですが、これらは意味がありません。「バイクを盗んだのではなくて、自分のもの」ということを証明するためにも、バイクの購入証明書を見せる必要があります。

 

日本だとバイクの鍵を持っていって、実際にエンジンがかかればバイクを返してもらえるお店も多いですがプノンペンではそうはいきません。バイクの盗難を防止するためにも、ルールが徹底されているのです。

 

ステップ2-身分証明書を提示してバイク返還申請書を記入

バイク購入証明書を提示したら、5ドルを支払ってバイク返還申請書の記入を始めることができます。返還申請書は全てクメール語で書かれていますが、係員の人が「Here is for name(ここは名前を書く所)」「Here is for birthday(ここは生年月日を書く所)」といった形で丁寧に教えてくれるので簡単です。申請書の記入が終了したら、記載事項に偽りがないか確認するため、係員に身分証明書の提示を求められます。日本人はパスポートを提示することが無難です。

 

 

まとめ

 

イオンは日系企業ということもあってルールが徹底されており、1度バイクチケットを無くすとバイクは容易に取り戻すことができないのが現状です。バイクが自分の元に帰ってこなくなってしまう可能性もあるため、バイクチケットは財布の中やかばんのポケットの中など、絶対に無くさない場所にしまうようにしましょう。

この記事に記載されている情報は2018年8月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

関連記事

Line Banner


行きたいお店を見つける
もっと見る

プノンペンに新たにオープンした眼科「Japan Eye Hospital」。創業90周年のパリミキに根付いたDNAで監修する眼科です。院内には、日本全国に600店舗以上展開する眼鏡専門店「パリミキ・メガネ」も併設。日本語対応可能、海外旅行保険利用可能。

店舗詳細ページを見る

カンボジア初の日本人開業医、ケンクリニック。外科・内科・小児科・その他対応。レントゲン、超音波検査、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、乳がん検診(触診+超音波)、血液・尿検査も可能。健康診断も受け付けています。日本製の薬を処方。海外旅行保険も対応。

店舗詳細ページを見る

ボンケンコンにお店を構える「鮨丼丸」は、お店の前の大きい鳥居が目印の日本食レストランです。 経験30年以上の日本人シェフによる本格的な和食がリーズナブルに楽むことができます。 また、デリバリーも受け付けているため、ご自宅でも美味しい日本食が楽しめます。

店舗詳細ページを見る

「和のおもてなし」をコンセプトにした東屋マッサージ。プノンペンの東屋ホテル内に併設されています。おすすめはリピート率90%以上のフットマッサージ。フットマッサージと言ってもリクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。料金は$10〜と安い!

店舗詳細ページを見る

プノンペンの日系ホテル。東屋ホテルでは安い価格で異国を感じさせない空間を提供しています。また、東屋では疲れを癒す露天風呂やマッサージ、1日の活力となる和朝食が楽しめます。受付には日本語で対応してくれるスタッフが常駐しているのでカンボジアでの生活も安心です。

店舗詳細ページを見る

ホットニュース
Choose Classified categories