プノンペンで学校再開、初日に23人陽性で14クラスが再び閉鎖に

プノンペンで学校再開、初日に23人陽性で14クラスが再び閉鎖に
2021年09月20日(月)13時29分 公開
プノンペンで学校再開、初日に23人陽性で14クラスが再び閉鎖に

<写真:The Phnom Penh Post>

 

プノンペンで中学校、高等学校が15日から再開した。

登校初日は、生徒23人から新型コロナウイルスへの感染が確認され、14クラスが再び一時閉鎖することになったという。

プノンペンポスト(電子版)が報じた。

 

プノンペン教育局のHem Sinareth局長によると、登校する前に行われた検査で生徒23人から陽性判定が確認されたという。

15日が登校初日であったことから、感染源は学校外だとされており、生徒から陽性が確認されたクラスにいた生徒については14日間の自宅隔離措置を講じ、オンライン授業へ移行するという。

 

Chuon Naron教育大臣は、感染者が確認された学校について、感染者が確認されていないクラスは感染防止策を講じながら引き続き登校が許可されるとし、他のクラスの生徒との直接のコミュニケーションは禁止されていると話した。

また、Sinareth局長は、各クラスに生徒15人までという制限があり、構内での食品販売は禁止されているため、学校の雰囲気は静かだったと述べた。

 

15日、プノンペンでは公立校68校と私立校159校の計227校が再開していた。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories