プチュンバンの祝祭日初日、15万人が国内旅行

プチュンバンの祝祭日初日、15万人が国内旅行
2021年10月06日(水)14時24分 公開
プチュンバンの祝祭日初日、15万人が国内旅行

<写真:Khmer Times>

 

新型コロナウイルスの感染爆発を懸念し、お祝いが中止となったプチュンバンの祝祭日の初日、15万人もの人が国内旅行をしたという。

国内の観光地の中でもビーチリゾートが最も人気で、悪天候にも関わらず大勢がビーチへと押し寄せたという。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

トンコン観光大臣は、カンボジアを国内を旅行した人の中には外国人在住者1469人がいたと明らかにした。

州別に観光客数を見ると、最も人気だったのはカンポット州で3万455人、次いでケップ州が2万6890人、シアヌークビル州が1万8197人、ポーサット州で8705人、モンドルキリ州で7233人、シェムリアップ州で6086人だったという。

 

人気の観光地へと繋がる主要道路では交通量の増加が見られ、一部地域で洪水が発生したことも重なり渋滞が発生したという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories