タイ、カンボジア・ココン州とトラベルバブルを計画

タイ、カンボジア・ココン州とトラベルバブルを計画
2021年10月08日(金)16時07分 公開
タイ、カンボジア・ココン州とトラベルバブルを計画

<写真:Khmer Times>

 

タイのPhiphat Ratchakitprakarn観光スポーツ相は、同省は今年中にタイ・トラート県とカンボジア・ココン州のトラベルバブルの採用を計画しているという。

 

タイはトラベルバブルについて、タイ・ノーンカーイ県、リペ島とマレーシア・ランカウイ島での採用も検討しているという。

タイは来年、海外から計1500万人を受け入れる見込みで、観光収入は約6000億バーツ(約1兆9828億円)になる見通し。

また、国内旅行における観光収入は1億6000万バーツ(約5億2875万円)に達し、合計8820億バーツ(約2兆9148億円)を生み出すと予想されている。

 

タイ民間航空局(CAAT)のSarun Benjanirat副局長は、同局は10月15日までに航空機の運航数を100%に増加させる計画をすでに進めており、新型コロナウイルス状況管理センターからの承認を待っているという。

CAATはまた、内務省とより多くの観光を促進するため、様々な県間の旅行規制を合理化することについても協議するとしている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories