カンボジア:2021年は外国人3594人を国外追放に

カンボジア:2021年は外国人3594人を国外追放に
2022年04月07日(木)16時18分 公開
カンボジア:2021年は外国人3594人を国外追放に

<写真:Khmer Times>

 

6日に発表されたデータによると、2021年に43カ国・地域の外国人3594人が、カンボジアから強制送還されたという。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

この数字は、入国管理局総会で入国管理局のPum Vithya氏が発表したもので、最も多く国外追放となった国はベトナムだという。

しかし、国外追放となった国籍とその人数の詳細は明かされていない。

 

2014年〜2021年の間、カンボジア当局は107カ国・地域の2万人以上を国外追放にしたという。

また、2021年には、11カ国・地域の外国人2749人が不法滞在や不法就労をしていたことを発見したという。

 

報告によると、2749人のうち、タイ人が2636人、ベトナム人が44人、中国人が31人で、残りはその他の国・地域だった。

不法滞在や不法就労をしていた外国人は、プノンペンやコンポンチャム州、シアヌークビル州、バッタンバン州、バンテアイミエンチェイ州、パイリン州、モンドルキリ州で発見されたという。
 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories