プノンペンでお土産を買いたい人も多いのではないでしょうか。プノンペンに訪れたら、日本にいる家族や友人、会社の同僚に何かお土産を買っていきたくなりますよね。もちろん、シェムリアップが観光都市であるのに対し、首都プノンペンは経済都市であるのでお土産のイメージがないのは事実。ただ、経済都市である分、物流網が発達していたり人材が集中していたりするため、非常に高いレベルのお土産、お土産ショップがあります。

 

と言っても、どのお土産がおすすめなのか、またお土産を買うためにどこに行けばいいか分からない方もいるはずです。そこで、今回はそんな方に向けプノンペンでおすすめのお土産や、お土産を買える場所を紹介します!

 

 

プノンペンのおすすめ・定番なお土産

 

まずは、プノンペンでどのお土産を買えばいいのか分からない方に向けて、おすすめのお土産を紹介します。これらの商品はカンボジア土産の定番なので、プノンペンにある多くのお土産ショップで取り扱われています。

 

クロマー 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kanaecp (@kanaecp) on


カンボジア土産の大定番といえば「クロマー」です。「クロマー 」とはカンボジアの伝統的な手織り布で、カンボジア人は「万能布」と呼び、汗をふいたり何かをくるんだりと様々な用途で使用しています。素材はコットンです。お土産で「クロマー 」を買う際には自分の目で確かめながら柄を選ぶのが醍醐味です。無地のものからカラフルなものまでデザインは無限にあります。家族や友人が喜んでくれるかどうかをイメージしながら選ぶのも楽しいですね。料金は質やお店によって異なりますが3ドル(約330円)〜20ドル(約2200円)ほど。

 


ココナッツオイル


南国カンボジアならではのお土産は「ココナッツオイル」。「ココナッツオイル」とはヤシ油、つまりココヤシからとれる油脂(ゆし)のことです。ココナッツオイルは食事に取り入れることでダイエット効果、また顔・体に塗ることで美容効果があると言われています。芸能人のローラさんも愛用しているとのこと。日本ではなかなか手に入らない、また値段が高いため、国内で生産することができるここカンボジアで買ってみることをおすすめします。料金は5ドル(約550円)〜20ドル(約2200円)ほど。

 

ノムトムムーン

 

. 【商品紹介】 . ノム・トム・ムーン S (8本) $6 M (16本) $10 L ( 24本 ) $15 . カンボジアティータイムといえば! カンボジアの伝統菓子、ノムトムムーン✨ 一本一本、お店の前で焼き子さんたちが手焼きで作っています。(写真2枚目) 暑い中、熱い炭火なのにみんな「熱くないよ!」と言います???? . カンボジアの伝統菓子であるノムトムムーンはサクッと香ばしく、どこか素朴な味。 朝一番に取れた新鮮なココナッツミルクを使用していて、後味にふんわりココナッツの香りがします。 小麦粉・油を使用していないため、ヘルシーです???? . ノムトムムーン、には「完璧な女性」という意味があります。伝統的にお祝いの席や結婚式では女性がすべての料理やデザートを作っていました???? つまり、お祝いの席で振る舞われるこのお菓子を作ることが出来るようになれば、「完ぺきな女性」として認められるということを意味しています。 . カンボジア人なら誰でも知っているお菓子、是非お土産にいかがでしょうか❤️ 一つ一つ個包装なので衛生面もバッチリ、お土産に最適です✨ . . #cambodiateatime #cashewnuts #cambodia #siemreap #foodstagram #souvenir #カンボジア #シェムリアップ #カンボジアティータイム #カシューナッツ #名産 #女子旅 #タビジョ #東南アジア #お土産 #ハーブ #organicfood #organic #無添加 #オーガニック #オーガニックフード #organiclife #traditional #cookies #手づくり #ココナッツミルク #ノムトムムーン

CambodiaTeaTimeさん(@cambodiateatime)がシェアした投稿 -


「ノムトムムーン」とはカンボジアの伝統的なお菓子です。「ノムトムムーン」の起源は諸説あるものの、はるか昔にタイ人がカンボジアに移住した際に伝えたとされています。ココナッツミルクとパームシュガーを使用して焼き上げており、絶妙な甘さ、サクッとした食感が特徴的です。商品のデザインもお洒落なので、お土産として渡したら喜ばれること間違いなしです。料金は6ドル(約660円)〜15ドル(約1600円)ほど。

 

胡椒

 

【RAYS SHOP】 ????????世界遺産アンコールワット遺跡シェムリアップお土産???????? • クメール王朝時代からの特産品カンボジア胡椒はいかがですか? 日本では食べられない本当の味と香りを楽しんでください^_^ #シェムリアップ#カンボジアお土産#カンポットペッパー#シェムリアップお土産#オーガニック胡椒#カンボジア胡椒#raysshop#完全無農薬の胡椒#siemreap#Cambodia#madeincambodia#cambodiasouvenir#pepper#kampotpepper#kampot#kep#guft#blackpepper#redpepper#whitepepper#캄보디아#기념품#캄보디아기념품#캄보디아후추#씨엠립#暹粒#柬埔寨辣椒#柬埔寨#纪念品

RAYS SHOP Kampot Pepperさん(@reina_kampotpepper)がシェアした投稿 -


カンボジアは実は胡椒の生産地。かつては「カンボジアの胡椒は世界一美味しい」と言われ、特にヨーロッパからは大人気でした。大量の胡椒がカンボジアからヨーロッパまで輸送されていました。1970年代の内戦で胡椒作りが壊滅しましたが、ある日本人が胡椒作りを復興させ、今では色々なお土産ショップで買うことができます。中でもカンポット州でとれる胡椒が最も高級で風味が良いと言われているので、せっかくだから一番高品質のものを買いたいという方にはカンポットペッパーがおすすめです。誰もが手軽に買えるようにスーパーでも売られているため、料金は店や量によって異なります。2ドル(約220円)〜15ドル(約1600円)ほどが相場。

 

アンコールクッキー


「アンコールクッキー」はかの世界遺産アンコールワット寺院の形をしたクッキーです。日本人女性が生み出したクッキーで、2010年には世界的に権威のあるモンドセレクションの銀賞を受賞しています。そのためもちろん味はとても美味しいです。カシューナッツなどの100%カンボジア産の材料を使用しています。料金は一箱8ドル(約880円)〜20ドル(約2200円)ほど。

 

 

プノンペンで有名なお土産ショップ

 

続いて、どこのお土産ショップに行けばいいのか分からない方に向けて、プノンペンでお土産を買うことのできるおすすめのお店、場所を紹介します。各店舗共通した商品を扱っていることもありますが、オリジナル商品が用意されているお店もあります。それぞれ特徴があるので、参考にしてみてください!

 

アメージングカンボジア(AMAZING CAMBODIA)

「アメージングカンボジア(AMAZING CAMBODIA)」はプノンペン在住が長い方であれば知っている方も多いであろう有名なお土産ショップです。2014年にイオンモール1号店の1stフロアにオープン。2016年にはイオンモールの顧客満足度ランキングで168店舗中1位を獲得するなど、プノンペンではかなり有名なお土産ショップの一つです。2018年には新たにオープンした商業施設「Exchange Square(エクスチェンジスクエア)」内にも出店しています。

 

そんな「アメージングカンボジア」の特徴の一つはやはりブランド力。コンセプトは「作り手とあなたを繋ぐ玄関口」。カンボジア国内の地方から選りすぐりの商品を集め、プノンペンで販売しています。販売するにあたってまずは地方を訪問し、その後販売方法を作り手さんと密に相談。そして頻繁にミーティングを実施し、販売する中でお客様よりいただく声などをもとに常に改善を図っているそう。

 

人気商品はオリジナル商品のアメージングクッキーで、料金は5ドル(約550円)前後です。動物性油脂であるバターを使わずにジューシーでクセになる味は、子供からお年寄りまで幅広い世代に愛される味です。

 

【詳細情報】

 

ニョニュムショップ(NyoNyum SHOP)

「ニョニュムショップ(NyoNyum SHOP)」はイオンモール1号店のグランドフロアに店を構えるお土産ショップです。イオンモール1号店内に併設されているということもあり、日本人だけでなくカンボジア人にも大変人気なお土産ショップです。「ニョニュムショップ」はカンボジアの「いいもの」を集めた日用雑貨のセレクトショップ”の愛称で親しまれており、幅広い商品を比較的お手頃な価格で取り揃えています。

 

注目すべき商品はコンポンチュナン陶器。コンポンチュナン陶器とは、かのアンコール・ワット寺院が建設されたとされているクメール王朝時代に作られた陶器のこと。カンボジア文化に関連するものを手に入れたい方には真っ先に「ニョニュムショップ」をおすすめします。

 

【詳細情報】

プノンペンでお土産を買える場所まとめ! カンボジアで人気のお土産も紹介

この記事を書いた人

お名前 : プノンペン情報生活サイト「ポステ」